面接官の本音で知る!選考突破するコツとは | 新卒就活.com

2016/09/13更新

面接官の本音で知る!選考突破するコツとは

面接官の本音で知る!選考突破するコツについてご紹介します。
面接は就活生にとっては避けては通れない関門です
その合否をジャッチするのが面接官。
ですが面接官だっていくら訓練されたとはいえ、人間です。
面接官にだって言えない本音があります。
ここで面接官の本音を知っておき、対策を立てましょう。

面接官の本音1,サークル・部活の話は聞き飽きている

megaphone-50092_640
面接官の本音としてまず上げられるのは面接における自己PRで就活生が話す内容に正直聞き飽きているという点です。
「サークル活動でこんなことを頑張った」、「部活動のここが大変だった」というような話しから問題を乗り越えたエピソードを語る。
こんな自己紹介を何百と聞いていると正直飽きてしまうのが面接官の本音です。

~他者とあまり被らないようなエピソードを話せると良い!~

そのためここで1つ何か真新しい話を持ってくるのもひとつの手でしょう。
「インターンシップ中に実は影でこんな目標を立てていた」、「趣味は手芸で細かいことをコツコツとこなすことができる」などやり過ぎず、かといて他とかぶらない自己PRをしてみると興味を持たれる可能性大です。

面接官の本音2,意外と主観で人を選んでいる

面接官も1人の人間なので、いくら就活生を平等に評価するための訓練を受けていたとしても多少主観が入ってしまうのが面接官の本音です。
面接をしてみて優秀な就活生ではあるが生理的に受けつけない。
それゆえに面接に通過しなかったなんてこと実は結構あるんです。

~身だしなみに気を使うこと!話し方や言葉遣いにも注意が必要!~

人と人とが関わる以上多少は仕方がないことですが、このような事態は極力避けたいですよね。
そこで少しでも面接官から見て「受け付けない人間」にならないためにも身だしなみにしっかりと気を遣い、話し方や言葉遣いに気をつけましょう。
面接官の本音はときに理不尽なこともありすが、出来る限りの対策をしましょう。

面接官の本音3,「本当にうちへ志望しているの?」

就活生が志望動機を話しているのを何気ない顔で聞いていながらも、面接官の本音は「それ本当?」と思っています。
「第一志望ではないけれどそんなことをバカ正直に言ったら落とされる」と考えて志望動機を作っていることを面接官は正直お見通しです。

~企業研究を徹底的に行うこと!~

そんな面接官の本音を覆すためにも通常の企業研究のみならずOB・OG訪問を積極的に行ったり、企業トップのブログをチェックして企業情報の深いところまで潜り込みましょう。
時間の許す限り企業研究を行ってください。
そこから打ち出された志望動機は面接官から見ても非の打ち所がないものに仕上がるでしょう。

面接官の本音を知って対策を講じること!

以上の面接官の本音から分かることをまとめてみました。

●自己PRはやり過ぎずかつ新鮮味のあるものを
難しく考えず、面接官がどんな話をきいたら興味を持つか考えて見ましょう。
意外と身近なところにネタは転がっています。

●身だしなみを整え毅然な態度を
人が視覚から得る印象の影響力は絶大です。
スーツやシャツにしっかりとアイロンをかけ、面接官の視線はしっかりと受けとめましょう。

●念入りな企業研究から志望動機を
面接官の本音を覆すために大切なのは何よりも積極的な情報収集です。
さらに企業への貢献度もアピールしていきましょう。

以上、面接官の本音から知る面接の極意をお伝えしました。