面接官や面接の仕方が変わる理由とは | 新卒就活.com

2016/09/15更新

面接官や面接の仕方が変わる理由とは

面接官や面接の仕方が変わる理由についてご存知でしょうか?
就活で面接を受けても、どうしても1次面接を突破できないという人もいれば、最終面接までは行けるのに必ず落ちる、と言う人もいます。
実は採用が進むに連れて面接官が変わることから、面接の仕方も変わってくるのです。

1次面接の面接官は就活生の人となりを重視する

smile-191626_640

1次面接では就活生の考え方に矛盾はないか、きちんと自己分析を行ってきているかを確認します。
学生時代にどんなことに興味を持って取り組み、その結果得ることができたものは何かなど、就活生の人となりを判断するのです。
面接官は人事の採用担当者や上司となり、面接の仕方も非常に丁寧です。

~考え方の矛盾や自己分析の成果をみている!~

始終笑顔で会話ができることから「手応えアリ」と思うのですが、実は話し方や仕草、服装までしっかりとチェックされているのです。
1次面接が通らないという人は、面接官にあまり良い印象を与えられていない可能性があります。
自己分析をきちんとし直したり、身だしなみを整えたりすることで面接の仕方もグッと洗練されてくるでしょう。

2次面接の面接官は能力と意欲を重視する

2次面接となると、いよいよ実務レベルでの人物評価をされることになります。
面接官も新卒が配属される予定の部署の部長クラスに人事の採用担当者がサポートとして付き、面接の仕方もかなりシビアになります。

~2次面接は現場の担当者の場合が多い!企業研究を徹底的に行うこと~

現場の担当者が面接官となることで、和やかな雰囲気というよりも厳しい質問が向けられることも多くなります。
本当にその職種に興味があるのか、一生懸命覚えたいと思っているのか、それならば企業研究もしている筈であるという前提で、面接の仕方も重箱の隅をつつく様に感じられるでしょう。
2次面接で落ちる人は企業研究が足りないか、仕事に対する意欲が薄いと思われてしまう人です。
或いは面接官から見て「一緒に働きたい」と思わせるものがなかった場合です。

最終面接の面接官は社風に合う人物かを重視する

面接が多い企業の場合でも、ほとんどは3次面接で最終となります。
最終面接の面接官は役員クラスで、従業員を大切にする企業では社長自ら出席することもあります。
面接の仕方は志望動機や自己PRという段階は終わり、その企業の社風に合っているか、将来性を感じさせるかというポイントが重視されます。

~入社への意欲と具体的なキャリアプランを呈示しよう!~

企業のトップに立つ人は人を見る目があるものです、少し話しただけでその人の将来性を見抜く能力があるのです。
面接の仕方も落ち着いた雰囲気で、最終的なやる気の確認と、自社の社員としてふさわしいかを見極めるものとなります。
既に今までの面接で能力的には問題なしと判断されているので、面接官との相性が大きなカギになります。

面接官の立場や面接の仕方を変えながらを様々な角度から判断する!ミスマッチを防ぐのが目的

企業は1次〜最終面接までの過程で面接の仕方を変えながら、就活生を様々な角度から判断することでミスマッチをなくすことを目的としています。
面接を受ける際には、今回の面接では面接官が何を自分に求めているのかを判断することが大切です。
選考が進むにつれて、面接官の対場も変化していきます。
特に役員や社長が面接官として出てきた場合は、面接官としてのトレーニングを積んできていない分、聞かれる質問も今までの面接とは違った角度からされるかもしれません。
ですが、どんnあ相手が面接官であろうと、事前の対策だけはしっかりとしておきましょう。