面接対策としてメモを活用する3つの方法 | 新卒就活.com

2016/09/09更新

面接対策としてメモを活用する3つの方法

面接対策としてメモを活用する3つの方法をご紹介します。
就活生にとって面接は一番の鬼門だといえます。
誰もが避けては通れない、必ず受けなければ内定を貰うことができません。
そんな面接対策として様々な方法が挙げられますが、その中でもメモを使った対策をお教えします。

面接対策におけるメモ活用法1,エントリーの内容を残す

sketch-926667_640
就職活動をしていると、絶対に乗り越えなければならないことの一つに面接があります。
面接は人事担当者の方や、役員の方、社長の方等の企業関係者の方に自らのアピールポイントを直に売り込むチャンスです。
しかし、面接でアピールポイントを売り込むと言っても準備をせずに臨むわけにはいきません。
また、面接の日時が知らされてから準備をするのでは遅すぎます。
そこで、自分でできる面接の準備は何であるかを考えていきましょう。

~志望動機や自己PRはメモで残しておくこと~

まずは、エントリーシートに書いた志望動機や自己PRといった面接において重要なことををメモに残しておくのが重要です。
メモを残さずに企業にエントリーシートを提出してしまい、後々内容を詳しく思い出せず面接の時に上手くつたえられなかったら、エントリーシートを書いた意味がありません。
エントリーシートの内容に関するメモを残しておけば、面接直前の日に最終確認をすることも容易です。

面接対策におけるメモ活用法2,想定できる質問の回答を書く

エントリーシートの内容をメモをしただけで満足してはいけません。
むしろ、メモを用意した後が本番です。
なぜなら、エントリーシートに書いた内容そのままを面接官に伝えるわけにはいかないからです。
メモをして、面接で伝えたい自己PRや志望動機の大筋はできました。

~エントリーシートの内容を深堀する!面接官が拾いやすいキーワードを入れておくこと!~

あとは自己PRや志望動機に関するエピソードをもう少し詳しく話せるよう、メモに面接官に伝えたい文章を補足して加えていきましょう。
これは、面接の時にエントリーシートの内容に沿った質問などを受けた時、機械的な回答にならないようにするための対策です。
そのため、エントリーシートにはキーワードを入れておくなど、面接官が質問しとして拾いやすい内容を書いておき、想定できる質問に対する回答をメモに書いておくとより効果的かも知れません。

面接対策におけるメモ活用法3,模擬面接で利用する

メモに補足を加えても、実際に面接する時にはメモなど見るわけにはいかないので緊張して頭が回らず、うまく答えられない場合があるかも知れません。
そうならないためには実践的な面接練習が必要です。具体的には、身近な先生や、専門の方に面接練習に付き合ってもらうということです。

模擬面接の相手は友人や両親以外がよい!客観的な視点を取り入れた対策を!

例えば、大学で自分の所属するゼミの教授、就職指導課の職員等が挙げられます。
友達や両親等の場合、身近すぎるため評価が甘めになってしまう場合があり、そうなると練習の効果も薄くなります。
面接の練習に付き合ってくれる方に、エントリーシートのコピーとそれに沿った自分のメモ書きを渡し、面接の練習を行うことで他者視点でのアドバイスを受けることができ、自分の自信にも繋がります。

面接対策はメモを参考に繰り返し練習を行うこと!数をこなして慣れよう

面接は自分の声を元気良く発し、自分の自己PRや志望動機を上手く表現し面接官に「あなたは弊社に必要な人材かも知れない」と考えさせるための場です。面接官の意図とは違った回答をしてしまい面接に失敗しないためにも、最初はメモにエントリーシートに沿って補足を加えた内容を書いておきます。

書いたメモをもとに面接練習を行うことで、本番でも少なからず自信がつくのではないでしょうか。
もちろん、面接官の質問を考え対策を練っても全く考えてなかった質問をされてしまうことも考えられますが、面接練習を多くこなせば、予想外の質問にも冷静に答えられる力が身に付くものと思います。

面接は数回に渡って行われ、回数を重ねる毎に会社の中での重要な方との面接になるため一度も気が抜けません。
就活生の方には面接を万全な状態で挑んでほしいと願っています。