面接対策として知っておくべき就活の豆知識 | 新卒就活.com

2016/09/01更新

面接対策として知っておくべき就活の豆知識

面接対策として知っておくべき就活の豆知識をご紹介します。
面接は就活生にとって避けては通れない関門です。
その関門を突破できない限り、内定にはたどり着けません。
ここでは、面接がうまくいかない方へ対策をお教えします。
ぜひ就活をするうえでの参考にしてみてください。

面接対策1,本質を知る!

job-interview-437026_640
面接は就活においてとても大きな山場となります。しかい面接を苦手とする就活生にとっては、例え高学歴でも苦戦することでしょう。
しかしなぜ高学歴で優秀な就活生であっても面接に苦戦してしまうのでしょうか?
それは面接の本質を理解していないからといえます。

●採用担当者はコミュニケーション能力を見ている!

面接とは何が目的なのか、何を見られているのかをしっかりと理解し面接対策をたてまましょう。
そもそも面接で見られているのは学歴や経歴ではありません。そんなものは履歴書に目を通せばすぐにわかってしまいます。
面接において採用担当は、いかにあなたがコミュニケーションを持っているか見極めています。
さらに論理的に考え人を納得させる力があるかなど、企業で働く上での能力を見極めているのです。
そのため面接にはしっかりとした面接対策が必要です。

面接対策2,コミュニケーション力を磨く

面接において大切なのは何を話すかだけでなく、それをどう話すかも大切になります。
何を話すかは簡単に思いついても、どう話すかは練習が必要です。
そのため就活生もしっかりとこの面接対策をとっておきたいところです。

●姿勢を正す
これは姿勢を正すことにより、面接担当に自信がある就活生だと思わせることができあます。
1度好印象を与えればあとはそう難しくはありません。

●ハキハキと話す
どんなに素晴らしい学歴や経歴があってもぼそぼそと話す人はマイナス評価となり、逆にそこそこの学歴や経歴であってもはきはきと話す人は好印象を与えることができます。

●笑顔で話す
笑顔をつくることにより自分にも余裕が生まれ、採用担当にも好印象を与えることは間違いありません7.

続いての項でも面接対策をご紹介します。

面接対策3,緊張をほぐす!

今後の人生を大きく左右するかもしれない面接。そう考えると自然と鼓動が早くなり息苦しくなる就活生も多いのではないでしょうか。
多少の緊張感は必要ですが、面接対策としてこの緊張もどうにかしたいものです。

・ポジティブに捉える
緊張とはそもそも人間が危機的状況に陥ったときに能力を最大限に引き出そうとするものなのです。
そのため緊張していることをプラスに捉えましょう。
緊張している=上手くいくと思うといいでしょう。

・上手に話そうと考えない
面接において大切なのは上手に話すことではありません。
いかに自分が話している内容が相手に伝わるかです。
上手く話そうとし過ぎるあまり、余計に緊張をしてしまってはもともこもありません。

就活生はなかなか人前で話す機会がないので、緊張に対しての面接対策もしっかりと行いましょう。

面接対策として重要なのは堂々とした態度で挑むこと

いかがでしょうか?今回は就活生の面接対策についていくつかご紹介しました。

最後にお伝えしたいのは、自分自身に自信を持つことです。
これは最後にして最大の面接対策となります。
自信がある人はそれだけでプラス評価となり、堂々とした態度は採用担当に好印象を与えるでしょう。
しかしこの自信はそう簡単には持てません。

そんなときは家族や友人といった周囲の人に思い切って自分の評価をしてもらいましょう。
必ず1人はあなたのことを理解している人がいるはずです。
そして自分を評価してもらうと意外なところから自分の長所が見つかるものです。
その長所はあなたに自信を与えてくれるものかもしれません。
就活生のみなさんは、今回ご紹介した面接対策をしっかりとり、是非とも採用を勝ち取ってください。