面接後に不採用連絡を受けた際の考え方について | 新卒就活.com

2016/09/07更新

面接後に不採用連絡を受けた際の考え方について

面接後に不採用連絡を受けた際の考え方についてご紹介します。
就職活動を行う上で避けては通れない面接。
しかし、全員が面接を突破できるわけではありません。
試験とは違って就活の面接というのは「企業との相性」というものがあります。
ですから、例え不採用連絡が来ても「縁がなかった」と割り切りましょう。

面接は必ず成功するわけではない

tree-247122_640
就職活動を行う上で最も重要なのが、面接です。
企業側はこの機会を通じて就職希望者と直接接し、人柄や才能などをしっかりと確認しています。
対して就職希望者側にとって見れば、自身がアピールできる要素をしっかりと相手に伝えることができる絶好の機会です。

~面接は誰もが一度は落ちるものだと理解すること~

ただし、面接を受かることができたからといって必ずしも就職出来るというわけではありません。
場合によっては不採用となってしまう可能性も必ず存在していることをあらかじめ理解しておくことが、就職を成功させる上で重要なポイントになります。
また、企業によっては、採用しない希望者に対して書面や電話による通知を一切行わない所もあります。
言い換えれば、たとえ不採用となってしまっても、きちんとその旨の連絡を行ってくれるような善良な企業を選ぶことができたという、自分が正しかったのだと思いこむのが正解です。

不採用の連絡がきたら誠実な応対を心掛けること

面接を受けた結果、不採用となってしまった時に犯しがちなミスの一つと言われるのが連絡の対応方法です。
若気の至りというわけではありませんが、不採用となってしまった企業からの連絡に対して、「ぞんざい」な対応を行ってしまう学生の方も以前として多くいらっしゃるようです。
ただしそのような決して対応は正しくはありません。
これから社会人として羽ばたいていく学生の方にとって見れば、決してプラスではなく、むしろマイナスといっても良いかもしれません。

~自分の本音よりも相手の対場を考慮した対応が求められる~

一人前の社会人として成功するためには、まず自分自身の本音よりも社会人としての立場を考慮した対応が求められます。
またこうした態度は、無意識のうちに表に出してしまう危険性もあるので、日頃から心がけておくことが何よりも大切です。
たとえ面接の結果が残念なものだったとしても、きちんとその結果を報告してくれる企業に対しては、最後まで礼儀を持って対応するようにしましょう。

面接の結果に関係なく経験や知識は培われる

希望する企業が開催する面接を受けた結果、例え不採用という残念な結果になってしまったとしても、そこで悲嘆する必要はありません。
なぜなら面接を受験したことや、この機会を通じて社会の洗礼を受けることができたこと自体が、これから社会人として羽ばたこうとするあなたの経験や知識として培われているからです。

~失敗からノウハウを学び次へ活かすことができる!~

例えば、失敗を経験したことによって、これから同じ機会に遭遇したとき、どのような対応や回答を行えば良いのかのノウハウも培うことができます。
不採用の連絡に対して、どのような言葉遣いやタイミングで返答し連絡への対応を行えば良いのかについても学ぶことができます。
こうした経験は、実体験でしか学ぶ事ができない「生きた知識」です。
ですから結果に一喜一憂せず、まずは培われた経験や知識を次へと活かすように心がけましょう。

面接後に不採用の連絡を受けても前向きに捉えること!失敗を次へ活かすことが成功の秘訣

このように、実際に受けた面接の結果が不採用という結果になったとしても落ち込む必要は全くありません。
ですから、連絡自体をぞんざいに扱うのではなく毅然とした態度で対応できるようになれば、社会人としてもう一人前といえます。

大切なのは結果を次の機会へと活かすことです。
合否という結果に囚われるのではなく、どの点が問題だったのか追求し、改善策を練ることで、次回以降の面接を有利な形で展開することも十分に可能です。