面接後に出すお礼状の例文まとめ | 新卒就活.com

2016/08/31更新

面接後に出すお礼状の例文まとめ

面接後に出すお礼状の例文をまとめました。
面接後には必ずお礼状を出さなくてはなりません。今後、社会人になった時に関係を良好にするために、必要になるからです。
お礼状の例文を参考にして、相手に感謝の気持ちが伝わる手紙を書きましょう。就活生には必見のページです。

面接後にお礼状を出すことは大切!!

pen-390095_640
就職活動を行っていると必ずする面接ですが、面接後にお礼状を出すことは一般常識です。

そこで今回は、面接後に出すお礼状の例文をいくつかご紹介します。

そもそもお礼状とは、面接を行った企業や自治体に時間を割いていただきありがとうございますという気持ちを伝えるものとなっています。

さらにその企業に対して魅力を感じたのなら、お礼状は企業で働く意気込みを伝える手段です。

お礼状を出すタイミングとしては早ければ早いほどいいとされています。

~遅くても1週間以内には投函すること~

そのため面接をした翌日には投函しましょう。
遅れるとしても、1週間以内にはお願いします。
誤字脱字に注意して、間違えても修正テープ等は使わず新しい便箋を使いましょう。

次項からお礼状の例文をご紹介します。

面接後に出すお礼状の例文1

以下に面接後に出すお礼状の例文をご紹介します

「謹啓
本日はお忙しい中面接にお時間を割いていただき、誠にありがとうございます。
企業説明会や案内のときだけでは十分に把握しきれていなかった貴社の今後のビジョンをご説明いただき、求められる人材像や具体的な事業内容のお話をお伺いすることができたのは就職活動生として大変有意義なものとなりました。
貴社において求められる人材像をきいたとき、さらに自分を磨かなくてはいけないという気持ちを抱いたと共に、貴社で働きたいという意欲が増しました。
まずは貴社にて面接という機会を与えていただいたことにかたく感謝し、お礼のお便りをいたしました。
貴社の今後の発展と○○様の今後のご活躍をお祈り申し上げます。
敬具」

面接後に出すお礼状の例文その2

startup-593338_640

前項に続き、面接後に出すお礼状の例文をご紹介します。

「謹啓
この度はお忙しいところ面接に時間を割いていただき誠にありがとうございました。
貴社が求める人材像のお話をお伺いし、さらにはグループディスカッションにおいて同世代の様々な意見を聞くことができ、刺激を受け改めて自分を見つめなおす機会をいただいたように感じております。
企業とは常に収益を上げていかなければならない、そのために自分は何が出来るのか考えていかなければならない。という○○様の言葉に感銘を受け、社員1人1人の自主性を重んじる貴社の社風に感動し、貴社で働きたいという意欲が増しました。
まずは面接をする機会を与えていただいたことにかたく感謝いたします。
今後ともご指導よろしくお願いいたします。
敬具」

面接後に出すお礼状は具体的に何を思ったのかを書くこと!!

2項にわたり面接後に出すお礼状の例文をご紹介しましたが、2つとも共通して言えるのが面接時に思ったことを具体的に述べていることです。
ただ面接を行っていただきあるがとうございますという内容では企業で働きたい意気込みは伝わりません。
具体的にどのような点に感銘を受けたか、なぜその企業で働きたいという意欲が増したのかを書く必要があります。

お礼状はどの企業においても意外と見ているものであり、就職活動生の評価へもつながるものですので非常に大切です。
お礼状を書く上でのポイントをしっかりと押さえて企業からの評価をあげましょう。