面接後に送るお礼状の役割と書き方について | 新卒就活.com

2016/09/07更新

面接後に送るお礼状の役割と書き方について

面接後に送るお礼状の役割と書き方についてご紹介します。
面接後に送るお礼状の役割をご存知でしょうか?
お礼状はビジネスマナーにおける基本です。
お礼状の書き方を就活の時に覚えてしまえば、社会に出た後も大いに役立つことでしょう。
お礼状の役割とその重要性を知り、適切な書き方を学びましょう。

面接後にお礼状を送る意味とは??

cc-library010011163

就職活動は、面接が終わったら終わりというわけではありません。
面接後にも、企業へのアプローチを行うチャンスがあるのです。
企業は、たくさんの就職活動生と対面しています。
たくさんの就職活動生の中で印象づけるためには、面接後にお礼状を送ることが効果的です。

~自分の人柄をアピールする手段!感謝の気持ちを伝えることで好印象を残せる~

お礼状は、忙しい中面接をしてくださったことへの感謝の気持ちを伝えるもので、企業にとって自分の人柄を伝える良い手段といえます。
お礼状を書くときには、書き方に注意しなければなりません。
書き方によっては、お礼状を出しても逆効果となってしまうこともあるのです。
書き方にも配慮しながら、効果的なお礼状を作成しましょう。

面接後に送るお礼状の書き方とは?

面接後にお礼状を書く場合、どのような内容にすれば良いのでしょうか。以下で概要を押さえておきましょう。

●面接の時間を作ってくれたことに対する感謝を伝える
企業は通常の業務を行いながら、多くの就職活動生の採用を行っています。
忙しい中で自分の面接時間を割いてくれたということに対して、まずはお礼の言葉を述べましょう。

●面接の感想や学んだこと
面接官との会話の中で盛り上がった話の感想や、会社の業務や仕事に対する心構えなど面接を通して学んだことについて書きましょう。

●その企業への志望度をアピール!
面接をしたことで、その企業への入社の志望度が強くなったという気持ちを伝えます。

~シンプルな文章を心掛けること~

お礼状の書き方のポイントは、できるだけ簡潔な文章にすることです。
自分の言葉で書くことになるので、ついダラダラと長い文章になってしまうかもしれません。
ですが、熱意ややる気などの気持ちを短い文章でうまく伝えることが重要となります。
適切な書き方で内容の濃いお礼状を送ることで、企業へのあなたの高感度も上がることでしょう。

お礼状によって企業がみるポイントとは?

企業が面接後のお礼状を受け取った際には、どのような部分をみるのでしょうか。

●その企業への志望度の高さ
企業にとって、入社を志望する気持ちが強いかどうかはとても大きな合否判断の材料となります。
実際の面接の際には入社意欲があまり伝わってこなかったと思っていた場合、お礼状の内容を見て挽回することができる可能性があります。
仮に書き方が不十分であったとしても、お礼状を作成する手間をかけたこと自体がその企業に入社したいという強い気持ちをあらわすことにもなります。

~面接で上手くいかなかった場合もお礼状で挽回できる!~

●礼儀やマナーの有無
企業にとって、採用する人の人柄はとても気になるところです。
ほとんどの企業は礼儀やマナーがある人を採用したいと考えています。
企業は、お礼状の内容や文章の書き方で、その人がどのような人物なのか、礼儀やマナーのある人間なのかを判断します。

面接後に送るお礼状は企業へのアピールとなる!シンプルな書き方を心掛けよう!

面接の後の企業へのお礼状は、とても重要なポイントとなります。
面接では伝え切れなかった事柄も、お礼状を送ることで伝えることができます。

お礼状は企業への感謝や熱意を伝える大切な手段です。それだけでなく、自分の人柄を伝える手段にもなります。
お礼状の内容を見て、合否を判断するというケースもあり得るのです。
たくさんの就職活動生の中で自分をアピールする方法として、面接後のお礼状はとても有効なものといえます。
感謝や熱意を伝えながら、文面を通して礼儀やマナーを伝えることができるように、書き方にも十分注意しましょう。