面接担当者が質問する時の意図とは | 新卒就活.com

2016/09/01更新

面接担当者が質問する時の意図とは

面接担当者がその質問をする意図とは何でしょうか。解答例のまとめと共にお伝えします。面接を通過出来ないと負け癖がついてしまって、前に進めないものです。面接官の意図を知っていれば、上手く回答する事ができます。なかなか選考突破できない就活生は必見のページです。

面接担当者からルートを質問されるのは就活生の態度を見るため!!

coat

面接を受ける為に会議室に入った時にはとても緊張するものです。
着席して自分の名前と学部を述べた後、面接担当から「今日はどの様にしてこちらまで来られましたか?」と質問されることがあります。

~就活生の姿勢や目線・言葉遣いをチェックされている~

これはまず就活生の緊張を解く為という理由もありますが、実は面接担当は就活生の姿勢や目線、言葉遣いをしっかりとチェックしているのです。
「そんな質問ならばラッキー」と思いますが、自宅から面接会場まで流れに沿って説明するのは意外と難しいものです。
変に目線を泳がすことなく、大袈裟にアクションをすることなく、しっかりと経由地を思い出しながらゆっくりと答えることが大切です。

面接担当者は就職することに対して自発的かを見極めている!!

面接担当が就活生に自己PRや志望動機に関する質問をしてくるのは当たり前のことで、就活生としても事前に回答を用意しておくことができます。
面接担当はその他にも、仕事に対する意欲を見極めたいと思っていますので、意表をついた質問をしてくることがあります。

~好印象を与えるためには前向きな姿勢であることを答えること~

「あなたにとって就職とは何ですか?」という質問に対して、素直に答えた方が良いのか迷う人もいます。
働く以上は当然収入を得ることが最終目的なのですが、単に「生活費を稼ぐ為に必要なこと」ではお金の為に仕方なく働いている、という印象を持たれます。

面接担当に好印象を与える為には、「自分で収入を得ることで今まで育ててくれた両親に成長した自分を見て貰い、恩返しをすること」と答えると良いでしょう。

面接担当者は扱いやすい人物であるかも見ている!!

企業が新卒をゼロから育てていく上では、素直で扱い易い人物であるかということも重要なポイントです。
面接担当は目標を定めたら余計なことに意識を奪われずに、周囲と調和を保ちながら仕事を進めていける人材を選びます。

~協調性があると判断されれば仕事を一緒に進めやすいと高評価に繋がる!!~

「同じ様な企業がある中で、なぜ当社に応募したのですか?」という質問をされた場合、どの企業にも同じ志望動機を述べているのではすぐに良い回答が浮かびません。

何とかしてその企業の良い部分を探そうとすると、他社と比較した際に劣っている点を指摘してしまうこともあります。
面接担当は比較をしても悪口は言わずに、良い部分を考えていくことで協調性があるかを見ています。
自分なりに良い回答をする為には、企業研究をしっかりとしておくことが大切です。

面接担当者はあなたの性格を見ている!!

面接担当には人事だけでなく部長や役員もいます、その業界で長く仕事をしてきている人です。
仕事の話をすれば就活生など足元にも及ばない知識があります。

敢えて仕事の話をせずにそれ以外の質問をするということは、戦力になるかどうかよりも、適性や性格を重視している証拠なのです。

~真面目に働いて成長するという前向きな姿勢を見せること~

面接担当に自分の能力をアピールしようと張り切るよりも、これから真面目に働いて成長していきます、という態度を見せることが大切です。

意表をついた質問をされた時には「とにかく前向きに考える」「自分の長所を活かした結論へ導く」ことで、ギリギリでも採用基準に達することもあるのです。

面接担当者が質問する時の意図まとめ

面接担当者が質問する時の意図には

・面接担当者からルートを質問されるのは就活生の態度を見るため。
・面接担当者は就職することに対して自発的かを見極めている。
・面接担当者は扱いやすい人物であるかも見ている。
・面接担当者はあなたの性格を見ている。

の4つあります。
なぜ面接官がその質問をするのか、意図が読めずに迷った時には4つの注意点に気を付けてくださいね。
就活生はぜひ参考にしてください。