面接時の長所・短所を聞かれて好印象を与える伝え方 | 新卒就活.com

2016/08/29更新

面接時の長所・短所を聞かれて好印象を与える伝え方

面接時に長所・短所を聞かれて好印象を与える伝え方をお教えします。

急に聞かれても自分の事なのでなかなか答えづらい長所と短所。どうしたら好印象を与えられるのでしょうか。

今回はその伝え方をお教えします。

今までうまく答えられなかった方は、しっかりと覚えておきましょうね。

面接で長所と短所は必ず聞かれる!

bouquet-of-flowers-262866_640
本格化する就職活動は書類選考から始まり面接へと繋がります。
そして面接時に必ずきかれるであろう質問が、自分の長所と短所とは?です。

この質問はどんな就活生でも避けては通れないものでしょう。

自分の長所と短所はいったいどう答えることが正解なのか?悩んでいる人も多いと思います。

◆答え方に正解はない!!基本さえ押さえれば良◆

長所と短所は人によりそれぞれなので、答え方は何通りもあります。

しかし、どんな長所と短所も基本的な答え方は同じなのです。

その基本さえ知ることができれば、この質問に答えることはそう難しいことではありません。

長所は根拠と企業への貢献度を述べる

みなさんも分かっている通りただ単に「私の長所は〜です」というだけではいけません。

この質問は採用担当へのアピールポイントです。大切なのはいかに自分がその企業で働くことを採用担当にイメージさせるかです。

そのため自分の長所がいかに企業に貢献できるかを伝える必要があります。

◆裏付ける過去の出来事をや壁を乗り越えた経験を話す◆

まずは自分の長所を端的に述べます。

そのあと過去にその長所が発揮された場面を述べます。例えば、過去にこんな問題を解決したや、こんな壁を乗り越えたといったものです。

そしてそのとき、具体的に取り組んだことを述べます。

最後に、長所が企業のどんな事業に活かすことができるのか述べるのです。

短所はポジティブな方向へ持っていく

面接時に長所と短所を聞かれたときの答え方、短所に関してはただネガティブな内容になてはいけません。

その場合採用担当にただマイナス印象を持たれるだけです。

◆短所に見えるが長所とも捉えられるのがベスト◆

例えば自分の短所が行動が遅いだとします。

そんなときは、「私は何事もしっかりと理解納得した上で取り組むので、行動が遅いと言われることもあります。

仕事においては期限より早めに切り上げるために、物事に優先順位をつけて取り組みたいと思います。」

いかがでしょうか?この例文を見てみると一見短所を言っているようで、何事も適当にしないという長所が伺えます。

面接時に自分の短所を答えるときは、このように答えると好印象を持たれるでしょう!

嘘はNG!誇張をするのはOK!

面接時に長所と短所をきかれた場合ですが、就活生の中には事実とはことなったことを答える人がいます。

嘘の長所と短所を答えると、それを補うのにさらに嘘をつかなければなりません。

そのため結果自分の首を絞めることになるでしょう。

しかし、嘘ではなくもともとある事実を誇張して話すのはOKです。
むしと社会人にとって誇張をすることは日常茶飯事となっているので、求められる能力のひとつといえます。

面接時に長所と短所を聞かれた時の答え方は裏付けを大事にし嘘をうかない!

面接時に長所と短所を聞かれた時の答え方は裏付けを大事にし嘘をうかないのが大事です。

今回は面接時に長所と短所を聞かれたときの答え方をご紹介しました。

長所と短所は誰にでもり、そしてその全てが面接時の武器となります。

自分の長所や短所がなかなか分からない人は、家族や友人といった周囲の人たちに自分の評価を聞いてみましょう。