面接時間に遅刻する場合の電話マナーについて | 新卒就活.com

2016/09/01更新

面接時間に遅刻する場合の電話マナーについて

面接時間に遅刻する場合の電話マナーについてご存知でしょうか?
電車の遅延などにより、どうしても面接時間に間に合わなくなる事態に遭遇する方も多いと思います。ここではそういったハプニングに直面した場合にどういった行動をとればいいのかをご紹介していきます。

面接時間に遅刻する際の対処法とは?

girl-791389_640

「面接の時間に遅れそう…」人身事故の発生などによる、電車のトラブル。
決して故意では無いけれども、企業に電話しなければならないタイミング、あると思います。
特に面接の時間に遅れそうな場合は、そのまま放置をしておくと、その後の査定に大きく響く事態につながりかねません。

~企業からあなたの電話対応を見られている!~

メールや郵便で送るのは、さすがに間に合わないので、電話が一番効率的な判断だと思います。けれども、メールやラインに慣れてしまっている就活生にとって「フォーマルな電話」をかける機会はめったにないハズ。「何から話していいのだろう」困ってドキドキすることも、多いですよね。
就活生からの電話のマナーは、思っている以上に企業の担当者から見られているものです。心してかかる事が大切です。

面接における電話マナー1,名前と主旨を簡潔に伝える

面接の時間に遅れそうな場合、スピーディーに担当者に電話連絡を入れる必要があります。
そのときに、確認すべき項目は「自分の名前・○○の理由があり、面接の時間に遅れてしまうことを伝える・お詫びをする・担当者からの反応を待つ」などがあります。

~スケジュール帳を片手にメモをとる準備を!~

多くの学生を担当する採用担当者は、とっても忙しいもの。
直接電話に出てくれた場合でも、簡潔にダラダラと話さないことが、好印象につながります。
また代わりの面接日程をお知らせしてくれると思いますので、メモを用意しておき、その時間帯が可能かどうか、スケジュール張を見て受け答えをおこないましょう。
人事担当者が採用活動のため席を外している場合は、代理の方に同じことを伝えておきます。

面接における電話マナー2,静かな場所を選ぶ

面接の時間に間に合わなそうもないとき、焦って電話する気持ちは分かりますが、できれば電話をかける時には、「静かで落ち着いた場所を選ぶこと」が大切です。
ガヤガヤした人ごみ、ファーストフード店のなか、電車の中などは出来ればマナーの観点からも、避けておきたいスポットです。
相手の担当者がキチンと内容を把握することが出来るように、静かな場所を選んで面接の時間を伝えるように、努力をしましょう。

~電波の良好な場所を選ぶこと!~

また電話の途中で切れてしまうことのないように、電波が良好か確認しておくことも大切です。充電が切れてしまわないように、日頃からこうした事態にそなえて予備の電池を持っておくことも大切です。直接採用の合否につながるわけではありませんが、相手を不快な想いにさせないように、心掛けておきましょう。

面接時間に遅刻する際は電話する場所を選ぶ!用件は簡潔に伝えること!!

長い就職戦線では、思ってもいなかった予想外のハプニングも表れます。
「飛行機や電車が悪天候で動かなくなってしまった」予定していた面接の時間に遅れそうなとき。
内定を取り消されるのでは…?と焦って電話をかけてしまいがちです。
面接の時間に間に合わないとき、またはそれ以上のハプニングが訪れたとしても、冷静な心を頭のどこか片隅に置いておき、紳士な態度で臨むことが大切です。
電話をかけるときには、周囲の環境や電波の状態をチェック、メモを取れるように準備をしておきましょう。
キチンと誠意をもって対応することによって、ハプニングも幸運に変えることができます。