面接結果が出るのが1週間後である理由 | 新卒就活.com

2016/09/14更新

面接結果が出るのが1週間後である理由

面接結果が出るのが1週間後である理由についてご紹介します。
面接の結果がなかなか来ないと就活生なら誰しもが不安になりますよね。
ですが、面接の結果連絡が来る一般的な期間は1週間とされています。
面接結果が出るのが1週間後である理由を知って、不安を払しょくさせましょう。

面接結果の通知が遅い場合は多くある

time-699965_640
「面接を受けたものの、結果の通知が来るのが遅すぎる!」こういうケースは、企業の面接試験の多くに見られることですよね。
結果通知は遅くても1週間後と言う企業は多いですが、中には1週間経っても通知が来ないところもあります。
結果通知が全然来ないので、果たして受かったのか落ちたのか、ずっと不安を感じていなくてはなりません。

~中には1週間以上たっても連絡がない場合も!対処法を知ろう!~

その結果、他企業の面接試験、エントリーシート作成など、他にやらなくてはいけないことも満足に出来なくなってしまいます。
ここでは、面接結果の通知が遅い理由、面接結果の通知が1週間経っても全然来ない場合の対処方法などをお教えします。

面接結果の連絡が遅い理由とは??

面接結果の通知が1週間経っても遅い理由は、その企業の事情によって、異なるでしょう。
また、理由もたった一つだけではなく、さまざまな要因が絡んでいるでしょう。
しかし、どの企業にも共通している原因があります。それは、企業の採用担当者が、どの受験者を選ぼうか迷っているからです。

~選考に迷っている場合が多い!ノルマに合わせるよう人数を調整している~

どの受験者も将来有望な人材である為、どの受験者を合格にすればいいか、社内で議論している可能性があります。
また、採用担当者は、基本的に「最低でも○○人を採用しなくてはならない」と言うノルマを課せられています。
ですので、このノルマの人数に合わせるように調整しなくてはならないのです。
つまり、面接結果の通知が1週間経っても来ないからと言って、決して受験者をないがしろにしている訳ではないのです。

面接結果の通知がなかなか来ない時の対処法

大体の企業は、遅くとも1週間後には面接結果の通知をするものですが、中には、合格者の選考が難しく、1週間経っても面接結果の通知を出せないところもあります。
その場合、受験者はどのように対処すべきでしょうか?通知が来るまでずっと待機するのではなく、一度採用担当の方に連絡してみましょう。
連絡する際に気を付けるべきポイントは以下の2つです。

~担当者に連絡すること!最低限のマナーを守った誠実な態度を示す~

第1に、やる気があることを前面に押し出しましょう。
第2に、これはどのケースでも言えることですが、相手に不快感を与えないようにしましょう。
マナーをきちんと守り、誠実かつ正直な態度でコミュニケーションを取りましょう。この連絡が合格の決め手になる可能性はとても高いです。

面接結果が1週間後に出る理由は選考に時間がかかっている場合がほとんど!

以上で、「面接結果が出るのはなぜ1週間後なのか?」の説明を終わりにします。
ここでお教えしたポイントは以下の2つです。
第1に、企業からの面接結果の通知が遅いのは、どの受験者を合格にするか迷っているからであり、決して受験者をないがしろにしている訳ではないこと。
第2に、1週間経っても面接結果の通知が来ない場合は、一度採用担当者に連絡を入れてみること。
また、その際、適切なマナーと態度を心がけつつやる気を前面に押し出すことで、合格の決め手になる可能性があること。

この2つのポイントを押さえておけば、結果通知が遅いからと言って、むやみに不安がることはなくなるでしょう。