面接結果が出るまでの時間について | 新卒就活.com

2016/09/29更新

面接結果が出るまでの時間について

面接結果が出るまでの時間について紹介します。
面接結果がいつ出るかと不安に思う就活生も多くいます。
そこで気になるのが結果に出るまでの時間ですが、1週間以内で出ることが通常です。
あまりに遅い場合は問い合わせをしなければいけない状態になっていることもあるのです。

面接結果が出るまでの時間について1,基本的には1週間

calendar-771597_640

面接の結果は通知までに時間がかかる場合もあります。
連絡は郵送や電話の場合が多く、面接の回数に関わらず1週間以内に結果がわかることが多くなっています。
時間がかかる原因は様々ありますが、面接の人数自体が多い場合はそれなりの覚悟が必要です。
単純に採用担当者が少ない場合や、2次以降の面接では役職を持った人物がじっくり選んでいる場合もあります。
それでも、面接結果は1週間以内でわかる場合が大半です。

~2週間待ってみても音沙汰がない場合は企業に問い合わせること~

それを超えてしまうと連絡は遅い形になり、2週間待ってみても音沙汰がないようなら一度会社に問い合わせた方が良い事態となります。
どうせ落ちているなどと早合点をしないことも重要です。
単純なヒューマンエラー等で連絡が遅れている場合もあるからです。

面接結果が出るまでの時間について2,ヒューマンエラーの可能性

error-101408_960_720
面接の結果の連絡が遅くなる原因としては、ヒューマンエラーもありえます。
面接の結果自体はそれほど時間がかからず出ていても、連絡忘れや書類の送り忘れなどもあり得るのです。

~サイレントの場合でも確認の意味を込めて問い合わせてみるのもアリ~

また、まれなケースですが、全く別の人に内定の書類が送られていたと言ったケースもあります。
ミスを防ぐためにデータで情報の管理をしている企業もありますが、それでも入力するのは人間のため、低い確率でもミスは生じます。
面接の結果が出るのに2週間以上時間がかかっている場合は、確実に連絡をした方が良い状況です。
稀にですが、面接に落ちた場合は連絡をしない企業もありますが、まずは企業を疑うよりも確認と言う形で連絡する方が良いのです。

面接結果が出るまでの時間について3,指定の期日を過ぎたら次の準備を

method-413095_960_720
一方で、就職活動中に2週間も時間を拘束されることは非常につらい状況です。
内定に関わる場合は、面接時に何日以内に連絡すると前もって説明をする事も多く、その期間を過ぎた場合は他の企業の面接の為に準備をしておく方が有意義です。
そういった事前通知がない場合も、やはり1週間以内で結果連絡が来ることが通常のため、早目に切り替えて準備をしておくに越したことはないのです。
すでに落ちていると言う可能性もあるため、

~可能性を捨てずに次のステップへ準備することも重要!~

あくまで可能性として考慮しながら次の為に行動することも重要です。
結果は合格と言う可能性は問い合わせを終えるまではとっておくべきです。
電話一本で確認する時間であれば、それほど労力もいらないのです。
実は内定したことが後でわかる方が悲惨と言えます。

面接結果には時間がかかる場合も!問い合わせる勇気が必要!

people-1030750_960_720

面接結果に時間がかかることもありますが、あまりに長いようであれば問い合わせをするのが得策です。
また、企業であっても中身を動かすのは人間であり、ミスが起こることもあれば、選考で迷って連絡が遅れることもあります。
これから長く働く人間であれば、時間を掛けて選びたいのも理解する必要があります。
しかし、マナーはマナーとして、就活生にも問い合わせる権利があることをお忘れなく。