面接結果の連絡がない場合の考え方 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

面接結果の連絡がない場合の考え方

面接に辿り着いたのに、結果の連絡がないことがあります。
面接結果の連絡を行うのは常識ですが、稀にそんな常識を無視するような企業があるのです。
連絡がないのはブラック企業という可能性も含めてお話したいと思います。
では以下で面接結果の連絡がない場合の考え方と対処法をみていきましょう。

面接結果の連絡がない場合の考え方1,二週間までは待つ

mobile-phone-791644_640
面接の結果は遅くとも一週間以内に届くことが多く、それ以上連絡がないと不安になってしまうものです。
郵送に時間がかかっているとしても、二週間以上たつようなら遅いと言わざるを得なくなります。
ただし、気を付けなければいけない事は、企業によって事情があるため、一概に不採用となっているとは限らないことです。
人手が足りない場合や、担当者が急病で休んで引継ぎが上手くいっていない場合などはどうしても連絡が遅れる可能性があります。

~面接の結果連絡は平均一週間!二週間以上こないのは遅い!!~

しかし、面接から二週間以上たっているなら企業に問い合わせをしても問題はないのです。
面接を受けた以上、結果を知る権利はあり、あまり待たせては企業にとっても失礼に当たります。
採用通知場決まっている場合は三日以上遅れた場合を目安に、一度問い合わせをする必要があります。

面接結果の連絡がない場合の考え方2,問い合わせることは重要

面接結果の連絡がないレアケースの中には、担当者がすでに結果連絡をしたと思い込んでいる場合や、郵便事故などにより郵送物自体が紛失しているケースがあります。
前者は単純なヒューマンエラーですが、後者はレアケースであるかわりにどこかで起きる可能性をだれも否定することもできず、被害の証明をすることが困難な事もあります。

~単純なヒューマンエラーや郵送事故の可能性を踏まえて対応すること~

面接結果の連絡がないからとひたすら待っていると、郵送されたと思っている担当者から、書類の手続きが遅い、または来ないと判断され、マイナス評価になってしまう事があります。相手がブラック企業と思う前にまず確認することが重要です。
単純なヒューマンエラーや、何らかの形での書類の紛失が判明した場合、結果を口頭で説明したうえで、書類の再送が行われます。

面接結果の連絡がない場合の考え方3,ブラック企業だと割り切る

面接結果の問い合わせをしても担当者不在と言われ、その後も連絡がないケースもあります。
この場合は、完全に相手はブラック企業だと言わざるを得なくなります。
学生相手で、面接の結果が不採用だと通知しないと言うのは企業側の身勝手です。
仮に採用が決まっていながら結果連絡を怠っているとすれば情報管理体制に問題があります。

~訴訟を起こすのは労力の無駄!次の企業へ目を向けること~

ここで重要なのは、相手に何かしらの社会的な責任を問おうとしても無駄になるケースが多いことです。情報の重要性の認識や、連絡体制に不備があるからこそこういった事態を招くため、何かを訴えても押し問答になってしまう可能性が非常に高いのです。
時間は有限であり、どんなことをしても時間や労力が戻ってくることはないのです。
労力に対する対価に対し、訴訟を起こしても弁護費用の方が高くなるため、頭を切り替えて他の企業に関心を向けることが重要です。

面接結果の連絡がない企業は非常識!就活生には知る権利がある

面接結果の連絡を行うのは企業の常識であり、連絡がない場合は単純なヒューマンエラーや不運が重なった結果が考えられます。
あまり待ちすぎていも、熱意がないと評価が下がる可能性があるため、適切なタイミングで必ず確認の連絡をする必要があります。
もし、それでも連絡が取れない場合はブラック企業である可能性があるため、頭を切り替えて別な事に目を向けることが重要です。