面接結果をメールで聞く際の注意点とは | 新卒就活.com

2016/09/06更新

面接結果をメールで聞く際の注意点とは

面接結果をメールで聞く際の注意点についてご紹介します。
面接の結果がなかなか来ないと就活生なら誰しもが不安になりますよね。
ですが、面接の結果連絡が来る基本的な期間や催促する場合の適切な方法を知っておけば、もう不安になることはありません!
就活生ならぜひ覚えてほしいページです。

面接結果が送られてくるまでの時間について

macbook-926321_640

面接を受けた際、早く結果を知りたいと思っている方も多いはずです。
企業によっては相当長い期間を設けて、面接の結果を業期している場合があります。
面接結果が届くのは1週間程度と言われていますが、企業によっては3日くらいで電話連絡をしてきたり、2週間経っても連絡が無いこともあります。

~面接結果が届くのはだいたい1週間!電話で来るのが大半!~

面接結果は電話が多いのですが、メールによる連絡も多くなっています。
メールなら手軽に送ることができますし、電話に出られない場面でも結果を通知出来るメリットがあります。
ただ電話が大半だと理解しておかないと、後から対応することが難しくなります。

2週間以上経過しても連絡がない場合は催促すること

2週間以上経過したにもかかわらず、面接結果が届かないこともあります。
この場合は何らかの問題が生じているか、合否を迷っている可能性があります。
この場合は直接連絡をして、結果について聞いてみる方法もあります。この時取る手法としては、電話かメールになります。

~採用担当者に迷惑をかけないためにもメールで問い合わせるのが無難!~

電話だと担当者の方に迷惑がかかることもあり、メールを採用することが望ましいです。
気付いた時に対応して貰うことが出来る点が一番いい所で、面接結果を送っていないこともわかります。
企業側に負担を掛けずに、結果を聞くための方法を考えないと、印象が悪くなります。

メールを送信する際に気を付けること

まず敬う気持ちが必要となりますので、メールの文面は郵便で送る文章と大体同じようにしてください。
雑な文章だと企業側に悪い印象を与えてしまい、面接結果の通知が遅れてしまうことがあります。
「お忙しい中……」という一文は必ず利用した方がいいですし、結果についても、何日頃にご連絡をという文章にすることとなります。

~失礼のない文章を心掛けること!「お忙しい中……」という一文は必ず利用する~

メールと言っても、企業へ送るものには変わりないので、企業側に失礼のあるような文章は絶対にいけません。
面接結果を聞くだけなのに、迷惑を承知で送っていることを理解してください。
そのため文章は企業に失礼のないように作ることとなります。

面接の結果が2週間経っても来なかった場合はメールで催促すること!

面接結果は2週間以内に送られてくることがあり、殆どは電話による連絡となります。
メールで行っている企業もありますが、内定を決めた最終面接だと、電話で連絡することが多いのです。
何らかの都合で遅れている場合、採用するか決めかねていることがあるため、2週間以上経過することもあります。

あまり催促することは良くないとされていますが、送信したつもりが送られていない可能性もあります。
面接結果を知るためには、通知されていないことを伝え、どれくらいの期間で連絡が行くのかを聞いておく必要があります。
企業に迷惑を書けない意味でも、メールを利用することはとても大切です。