面接結果を催促する際に相手を不快にさせない方法3選 | 新卒就活.com

2016/09/06更新

面接結果を催促する際に相手を不快にさせない方法3選

面接結果を催促する際に相手を不快にさせない方法3選についてご紹介します。
連絡予定日を過ぎてもなかなか面接結果が来ない……就活生なら誰でも不安になりますよね。催促するにも変な言い方をして評価が下がったらどうしよう…
でもそんな心配も無用!
ここで上手い催促の仕方を覚えて不安を無くしましょう!

面接結果の催促方法1,他の会社から内定が出た

tablet-690032_640

面接結果を催促するやり方として適切なやり方のひとつとしてまず紹介するのは、他の会社から内定が出たけど、この会社が第一志望でこの会社に入社したいと思っているから、なるべく早く結果が知りたいと思ったと伝えて催促するやり方です。

~メールでの~問い合わせはNG!誠意を伝えるためにも電話が一番~

このやり方なら一番に思っているということが伝わり、面接結果を催促するというすごく失礼な行為もあまり嫌な感じがすることはなくなるでしょう。
このやり方で面接結果を催促する際には、きちんと誠意が伝わるように電話で問い合わせをするのが一番です。
言葉の温度が伝わらないうえの緊急感がないメールでの問い合わせは避けましょう。

面接結果の催促方法2,連絡ミスかと心配する

逆にメールで面接結果を催促した方が良いというやり方もあります。
それが、「なんらかの連絡ミスがおこっている可能性を考えて一応連絡させて頂いた」という文言のメールで面接結果を催促するというやり方です。

~最低でも連絡予定日を過ぎた場合のみに使うこと!~

これならあまり催促している感じを押し出すことなく催促できますし、もしかしたら本当に連絡ミスの可能性もありますから、失礼になることはありません。
ただし、この方法で面接結果を催促する場合、面接後すぐに連絡するということは出来ません。最低でも連絡予定日を過ぎてからではないとこの方法で催促するのは不自然になるので要注意です。

面接結果の催促方法3,聞きそびれたと伝える

いつごろ連絡がくると言っていたか聞きそびれてしまったという催促方法も、面接結果を催促する方法として適切です。
この方法ならいつ催促しても不自然ではありませんし、下手に出ている感じが強いのであまり催促している感じも出ないでしょう。相手が遅れている時にもこちらの都合で早く催促したい時にも使える使いがっての良い方法です。

~メールでも電話でもOK!お互いに都合がいい方法~

また、この方法はメールでも電話でもうまく伝わるでしょうから、どちらの方法で連絡しても良いという利点もあります。
催促力が強めでないという難点はあるものの、面接結果の催促方法としてすごくおすすめの方法であることは間違いありません。

面接結果を催促する場合は基本は電話で!下手に出る姿勢を忘れずに誠意のある態度を示すこと

以上が面接結果を催促する際に相手を不快にさせない方法3選でした。

・他の会社から内定が出たと伝えて催促する
・連絡ミスかと思い連絡したと言い催促する
・いつ連絡がくるか聞きそびれたと催促する

伝え方に気をつけないとすごく失礼になるので、要注意です。
「面接結果、いついつまでに頂けるという話だったのでお電話させていただいたのですが…」と問い合わせてもすごく失礼になりますよね。
あちらにもあちらの都合がありますし、採用ともなると予定通り行かないことも多いでしょう。
ですからきちんとここで紹介してきたような上手い伝え方で催促するようにしていきましょう。
もしボーダーラインにいた場合、失礼な伝え方をしたらそれが原因で落とされることだって考えられますから。