面接練習でハローワークを活用する方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

面接練習でハローワークを活用する方法

面接練習でハローワークを活用する方法をご紹介します。
就職活動で最大の壁とも言って良い面接ですが、この面接の練習を行うか否かで面接における印象なども大きく変わると言えます。
ハローワークでは就活や再就職のための面接練習を行っているので利用するのも良いでしょう。

面接練習でハローワークを活用する方法1,疑似体験ができる

megaphone-50092_640

ハローワークといえば就職口を見つけるための場所という印象が強いですが、実はハローワークでも面接の練習を行うことが可能になっています。
その為ハローワークで面接の練習を行えば、事前に自分のどこが悪いか、どの部分を見直せばよいか等がはっきりと問題点として分かりますので、面接練習をする場所がない場合にはハローワークに問い合わせをすると良いでしょう。

~人事経験者から直接アドバイスをもらうことができる!~

ハローワークの面接練習は元面接官の人が面接練習を行ってくれるため、本番の面接に限りなく近い面接を体験することが出来るのも大きなメリットだと言えるのではないでしょうか。
その為知人などを利用した面接練習よりも更に踏み込んだ指摘をしてもらえますし、どこが良かったかなどの指摘も行ってくれますので、本番を想定した練習が可能になると言えます。

面接練習でハローワークを活用する方法2,服装のチェックもしてもらう

ハローワークの面接練習を利用する場合、実際の面接ではないので服装は関係ないと考えている人も多いでしょう。
しかしハローワークの面接練習といえども面接にはかわりありませんし、元面接官の人が対応してくれるため身だしなみや服装のチェックも行って貰えると言えます。

~身だしなみについて客観的なアドバイスをもらえる!~

その為自分では完璧だと思っていた面接の服装や身だしなみが実は大きな間違いがあるとか、ここを直したほうが更に好感度が上がるといった指摘もしてもらえる場合があります。
いくら面接の受け答えが完璧であっても、印象を決めてしまう身だしなみや服装に問題があればせっかくの面接も見た目だけでダメにしてしまう恐れもあります。
ハローワークの面接練習であっても本番と同様の服装で臨むことが重要だと言えます。

面接練習でハローワークを活用する方法3,ダメ出しを活かす

ハローワークの面接練習では、他の練習希望者も同席の上で面接練習を行うことになる場合がほとんどです。
そのため面接練習といえども非常に緊張感のある中で行われることになりますし、本番同様のダメだしもされることになります。
面接でのダメ出しは、言われてみないと分からないことがほとんどですし、なぜダメ出しをされたのかもその場で指摘してくれますから、本番で同じ過ちを犯さないための準備に繋がると言えます。

~ダメ出しされた部分を改善していく姿勢が重要~

もし本番でダメ出しされてしまうと、ほとんどの人がその時点で焦ってしまい、言いたいことも言えず、質問にも冷静に答えられないという状況になる場合が多いと言えます。
ですからハローワークの面接練習で事前にダメな部分はしっかりとダメ出し・指摘されておくほうが、それに対する対策も練ることが出来ますので、非常に有利に本番の面接に臨むことが出来ると言えます。

面接練習にはハローワークを利用するべし!客観的な意見をもらえる絶好の機会

ハローワークというと、どうしても就活とは関係ない失業者の集まる場所だと考えてしまいがちです。
むしろそういった場所だからこそ面接練習も厳しく指摘をしてくれると言えます。
そのため、出来るだけ本番に近い面接練習を望んでいるのであれば、ハローワークを有効活用すると良いでしょう。