面接評価シートで量られるものとは | 新卒就活.com

2016/08/31更新

面接評価シートで量られるものとは

面接評価シートで量られるものをお教えします。
面接評価シートで量られるものが分からずに、不安な人も多いのではないでしょうか。
面接評価シートで量られるものを知っていれば、今後の就職活動もうまく行くことでしょう。
ぜひ、不安な人は参考にしてください。

面接評価シートとはどのようなものか?

building-91228_1280

就職活動の面接は受験する学生の人柄を知るために実施されています。

しかし、就活の面接は企業が採用する学生の選考を行う場です。

面接官は何らかの人柄を評価するための材料を持って面接に臨んでいます。

その面接官が受験する学生の人柄を評価する際に用いられるツールが「評価シート」になります。

~ビジネスマンとして社会で生きていく上で必要になる力が見られる~

評価シートはマネジメントをする力、ストレスに耐える力等のビジネスマンとして社会で生きていく上で必要になる力を項目として表現しています。

そして、それぞれの項目について数値化して評価する事により学生の能力値をチェックできるように作成されています。

詳しい評価シートの項目についてはこの後の項目で分析していきたいと思います。

また、マネジメント力、ストレス耐性など企業に必要な「コンピテンシー(ビジネス能力)」を項目化した「面接評価シート」などをもとに、学生の能力値をチェックしている企業もあります。

面接評価シートはなぜ採用に使われるのか?

面接官は多い日は1日に30人以上と面接する事もあり、記録をしっかり残しておかないと、後々になってその学生の評価が分からなくなってしまいます。

その記録を残すために用いられるのが面接評価シートになります。

また、面接評価シートは一次面接の担当者の評価が二次面接の担当者に引き継がれ、1次面接の担当者と二次面接の担当者の評価が最終面接の担当者に引き継がれるといったような形で、面接の最後まで引き継がれていくというものになります。

~就活生の記録を残すため!!序盤で高評価を得られれば後の印象も良い~

つまり、序盤の面接の段階でいい評価を残しておくと、後半の面接担当者はその評価をもとに面接に臨むので、初めからいい印象を持った状態で面接に臨んでもらえる可能性が高くなります。

つまり、最初に評価を高めておくことで、後の面接を有利に進める事が可能になります

面接評価シートで量られる項目と対策とは

新卒の就職活動においては技術や経験よりも人間性を評価するような項目を中心に面接評価シートは作られています。

例えば、評価項目の一例をあげると下記のような項目が挙がります。

・面接における態度や動作がきびきびしている
・落ち着きがあって物怖じすることがない
・語尾がハキハキしていて感じがいい
・恵まれた家庭環境にある
・クラブでリーダー的存在だった
・意思が強くファイトがある

態度、話し方、家庭環境、大学時代のクラブ活動、物事に取り組む姿勢にいたるまで、学生の人柄を包括的に確認するための評価項目が並びます。

~質問されそうな事に対して想定問答を用意すること~

これはあくまで評価項目の一例にすぎませんが、インターネット等で検索すると面接評価シートのサンプルがたくさん出てきます。

評価項目は微妙に違いますが、それぞれ人間性を評価するような項目が並んでいます。

複数の面接評価シートを検証する事で面接の評価項目になりやすい項目を洗い出し、それぞれの評価項目について質問されそうな事を考えておいて想定回答を準備しておくのもよいでしょう。

面接評価シートについて知ることは選考突破の道を知ること!!

ここまでの内容で面接で用いられる面接評価シートについての解説を進めてきました。

面接評価シートの内容を把握したうえで想定質問やそれに対しての回答を準備しておくことは有効な対策になります。

しかし、逆説的にはなりますが、面接シートの評価内容を気にするあまり回答等がかなりぎこちなくなってしまうというのは避けたいところです。

あくまで、想定質問や回答はガチガチに考えていくのではなく、こんな感じかなと少し頭に置いておくくらいにしておきましょう。

ちなみに、最終面接では評価シートは存在しません。
そのため、今までの面接とは全く違った質問がされたり世間話で終わってしまうケースもあります。
最終面接まで進むと、ほとんど採用は決まったようなものだと言われていますが、油断して大きなミスをしないようにしましょう。