面接試験を攻略するためのコツとは | 新卒就活.com

2016/08/04更新

面接試験を攻略するためのコツとは

就職活動において面接試験とは、まず避けては通れないものです。
履歴書やエントリーシートはうまく書け、次の採用段階に運よく進んだとしても、きちんと事前に面接対策を行なっていないと不合格になってしまいます。自分のアピールすべきポイントを十分整理して面接にのぞむことをおススメします。

面接試験攻略法1,ポテンシャルをアピールする

businessmen-463335_640
就職活動を行っているほとんどの学生が学業やサークル活動、アルバイトの経験などをアピールしています。
しかし、面接において、ただこれらを単純にPRしただけでは応募先企業にとって、まったく響かないものにもなるのです。

~企業が新卒に求めるのは成長の余地がある若手の力~

企業にとって就活生に求めていること、そして知りたい情報というのは、その人の人柄や熱意、将来的な可能性です。
なぜなら、即戦力を求める中途採用とは違い、新卒採用はポテンシャルを重視しているからです。
その人が入社後に実力をつけ、将来的に会社を担ってくれる中核人物になってくれるかどうかを企業側としては見たいのです。

つまり、面接対策では、こうした企業と学生側のミスマッチに十分注意する必要があるのです。

面接試験攻略法2,一貫した流れをつくる

では、実際にどのようにしたら、企業側に人柄や熱意、将来的な可能性を伝えることができるのでしょうか。
面接対策として効果的なアピールポイントは、次のような流れに沿いながら考えることです。

まず、結論である自分の強みとは何なのかから考えます。
そして、その強みをもっとも発揮できたのがどのような経験がきっかけだったのかを考えます。
さらに、その経験において、どのような問題点や課題があったのかをできるだけ具体的に書いていきます。
これだけでも経験の羅列よりはましなのですが、さらに深堀していきます。

~自身の強みがその企業でどう活かせるのか明確に呈示する必要がある~

前段階の問題点や課題をクリアするために、自分はどのような行動をとったのかを考え、その行動の結果、どのような成果があったのかまでまとめていくのです。
そして、ここが重要なのですが、その強みが応募先企業にどのような形で活かせるのかも考えます。
つまり、うまくいく面接試験とは、このような一貫した流れできちんと面接対策がされているかどうかにかかってくるのです。
さらに、次のようなことも重要です。

面接試験攻略法3,逆質問から話を膨らませる

上記のように、結論から考えるといった流れでアピールポイントを整理し、うまく面接対策を行なっても、これだけでは不十分です。
合格する面接試験とは、面接官からの質問に答えるだけではなく、自分から質問することにも重きを置くことが重要なのです。

~5つくらいは逆質問を準備しておくこと!~

面接試験には必ず質疑応答の時間があります。
この時間に企業側に何も聞かないのでは、熱意が伝わりません。
企業研究で分からなったところなど積極的に逆質問しましょう。また深掘りしていくことでどんどん話が膨らむこともあるのです。
ですので、面接前に、できれば5つくらいは質問を準備されることをおススメします。
そして、質問をし、面接官から教えていただいている際には、必要に応じて相槌を打ち、メモを取ることもおススメします。

面接試験を攻略するためには聞く姿勢も重要!

面接試験を攻略するためのコツについてご紹介しました。
以上のように、うまくいく面接試験とは面接官に伝えるべきポイントが具体的かつ明確に準備されており、伝えるばかりではなく応募先企業の情報や面接官からの情報をうまく引き出すことがカギとなるのです。
また、聞く姿勢も重要です。
必要に応じて相槌を打つなど、とくに逆質問をして答えていただいている場合は要注意です。
ぜひ、こうした点に注意し、頑張ってください。