面接試験対策のノウハウ3選について | 新卒就活.com

2016/08/04更新

面接試験対策のノウハウ3選について

就職活動で頭を悩ませるのが面接試験対策です。
筆記試験は過去の試験対策問題集などが出版されているので、自分一人でも何とかこなすことはできますが基本的な質問の他に、面接者に応じて別の質問がされるからです。
ここでは本番に向けて成功する面接試験対策のノウハウを伝授します。

面接試験対策1,服装

megaphone-50092_640
面接試験対策において、最も重要なのは第一印象です。
今までに仕事の経験がある人と違い、未経験の人をどこで見るのかというと服装やマナーです。
アルバイトと違って、初対面で普段と同じような服装や露出過多、流行を意識した服装などはその場にそぐわないと判断されます。

~オーソドックスな黒スーツが無難!~

ただしその時代によってスーツの型は変わるので、そのくらいは許容範囲になります。たとえ第一志望の企業でなくても、
面接試験対策の一環としてスーツ着用は必要ではないでしょうか。
スーツはオーソドックスな黒がお勧めですが、日本人には紺の方が似合うという説もあります。
余裕があれば企業によって使い分けても良いでしょう。

面接試験対策2,事前の準備

面接試験対策の一つとして、企業の研究は必要です。
自己アピールを間違えると失敗に繋がりかねません。
例えば、伝統を大切にしている企業を希望しても良かれと思って改善策と述べたりするのは協調性がないとみなされます。
逆に意欲の現われととってくれる企業もあるので、面接先によって対策を練りましょう。

~逆質問が多い=興味を抱いている気持ちをアピールできる!~

面接試験対策としては自分の考えを述べるより先に、企業への質問が多い人の方が有利です。
お見合いでも相手の言うことに良く耳を傾ける人の方が成功率は高いですが、企業も同じで、興味を持って来てくれる人の方に好感を持ちます。

面接試験対策3,面接後のマナー

面接試験対策のためにスーツを揃え、第一志望の企業への質問も沢山用意して
いざ出発という人、ちょっと待って下さい。
まだ何か忘れていませんか?第一印象アップも大事ですが、面接試験対策は訪問先企業の会場から出た後も終わっていません。
他の人達と同じようにしていては、印象に残りません。
企業宛の葉書を一枚用意しましょう。
表には企業の住所・企業名(分かれば担当者名)、裏には面接してくれたことに対してのお礼を一言で良いので記入しておくのです。

~面接のお礼を葉書で伝えることがポイント~

面接が終わった直後、すぐに投函して下さい。たった52円の差ですが、
実行した方が良い印象を与えることができます。

面接試験対策で重要なのは逆質問を用意する・お礼を葉書で伝えること!

ここまで読んだ方、いかがでしたか?
面接試験対策は筆記試験と同じくらい重要です。第一希望の企業へのアピールだけでなく、
第二希望の企業にも礼儀を尽くしましょう。
せっかく書類選考が通っているのですから、
活かさない手はありません。自分の人生を悔いのないものにするためにも、積極的に挑戦してみましょう。