面接質問対策「あなたにキャッチフレーズをつけて自己紹介して下さい」 | 新卒就活.com

2016/08/23更新

面接質問対策「あなたにキャッチフレーズをつけて自己紹介して下さい」

面接には「頻出質問」と呼ばれる大体どの企業でも尋ねられる定番の質問があります。
今回はそのうちの1つ「あなたにキャッチフレーズをつけて自己紹介して下さい」についてお伝えしたいと思います。

質問の意図

学生の持つ価値観や能力を知る為の質問です。キャッチフレーズとは、要は「あなたらしさを一言で表すと?」といったイメージです。
面接では多くのことを尋ねられます。ですが、様々な能力や価値観をアピールしたり、また有り体な受け答えが繰り返されると、面接官も「結局この子は何ができるんだ?」「器用貧乏?」「価値観が見えない」と個性が見えてきません。個性が見えないと、合否の判断ができません。そこで「君は端的にどういう学生なんですか?」と尋ねるのがこの質問です。
また、フレーズの発想力から地頭の良さも見られていると思っておきましょう。

回答のポイント

まず「企業が求めている能力」「企業が求めている適性」をアピールすることが第一です。どんなにあなたらしい面、あなたが得意なことでも、それを企業が求めていなければ意味がありません。ですので、能力であれば「企業の事業に貢献できる能力」を、価値観であれば「企業と合っていると言える根拠」を、明確に打ち出しましょう。その上でキャッチフレーズとします。

また、キャッチフレーズとアピール内容に齟齬が出ないように気をつけましょう。冷静に見てみるとキャッチフレーズとアピール内容があまり合っていないというケースも多いです。それでは、質問の意図を汲み取れていないとして減点になります。自分なりには合っているように思えても、他の人から見るとそう感じられないこともありますので、回答を考えてみたら友人などに確認してもらうと良いでしょう。

また、あなたらしい「個性」を見せることも大切です。なぜなら、質問の意図自体が「あなたの個性を見たくて、この質問をしている」からです。個性的なフレーズでも良し、アピール内容自体を個性的に見せても良し、要は「個性」を打ち出すことが大切です。

回答の例文

私のキャッチフレーズは考えて動くという字面で「考動」です。
私は何事に取り組む際にも、常に「目指すゴール」を意識して、その実現に必要なことを自分なりに考えるようにしてきました。現状とゴールのギャップを常に見定めて、やるべきことを洗い出すように心がけてきました。サークルの練習などでも、立てた目標を実現する為に月次や週次といった段階的な目標を設定して、一歩ずつ進むようにしています。
ですが、考えすぎて動けなくなってしまっては本末転倒です。ずっと考えることに時間を使っていては計画を練るだけ練って終わりになってしまいます。ですので、何をすれば良いのか見えない時などは特に、とりあえずやってみるようにしています。そうすることで、自分の置かれている現状が具体的になり、ゴールとのギャップも明確になると感じています。このように、考えながらもしっかり動けるのが私の強みです。