就活の面接で「5年後、10年後にどうなりたい?」質問への必殺技 | 新卒就活.com

2016/08/23更新

就活の面接で「5年後、10年後にどうなりたい?」質問への必殺技

面接には「頻出質問」と呼ばれる大体どの企業でも尋ねられる定番の質問があります。
今回はそのうちの1つ「5年後、10年後にどうなっていたいですか?」についてお伝えしたいと思います。

質問の意図

学生の価値観と将来目指すキャリアが、企業の目指す方向性と合致しているのかを見ています。
そこが合致していない学生は「すぐに辞めるんじゃないか?」「ウチのことあんまり分かってないんじゃないか?」と判断されてしまいます。逆に、将来までしっかり考えて、その会社でどういうキャリアを積んでいきたいのか明確に語れる学生は「ウチの会社で将来こうなりたいという姿を持っている」=「すぐには辞めない」と判断できます。
会社は長く働いてくれる学生を求めています。そのため、将来にまで亘ってその会社で働きたいという思い(=キャリア)が明確にある学生を採用します。