面白い自己PRをする必要はあるのか? | 新卒就活.com

2016/08/24更新

面白い自己PRをする必要はあるのか?

「面接の自己PRで、目立つために一発芸をした」といった先輩の伝説を聞いたことが一度はあるかもしれません。確かに、何百人~何千人の学生に会う面接官の記憶に残るためには、他の学生がしないような面白い自己PRは有効かもしれません。しかし、誰もが面白い自己PRができる訳ではありません。むしろ、面白い自己PRができる人は少数派でしょう。今回は、採用選考において、面白い自己PRをする必要は本当にあるのかどうかについて、考えてみましょう。

1.自己PRの目的とは?

そもそも、自己PRの目的とは何なのでしょうか。自己PRとは、言わば「あなたの宣伝文句」です。目指すべきは、面接官に「あなたを採用したい!」と思わせるような自己PRです。
それでは、面接官はどのような自己PRをする学生を採用したいと思うのでしょうか。それは、「『あなたという学生が、会社が求める人材像に合致している』と面接官に思わせるような、自己PRをする学生」と言えます。

2.「会社が求める人材像」とは?

それでは、「会社が求める人材像」とは何なのでしょうか。別の言葉で例えると「会社に貢献する可能性が高い人材」であると言えます。会社は学校ではありませんので、会社が何もしない社員の面倒をいつまでも見てくれる訳ではありません。

会社が経営を続けていくためには、利益を生み出し続けなければなりません。自分の担当業務を通じて、会社の利益創出に貢献する人材を、会社は欲しています。営業部門であれば商談を一つでも多くまとめること、購買部門であればコストを極力下げること、人事部門であれば優秀な人材を採用することが、会社に貢献することであると言えます。

そのような「会社が求める人材像」は、どの会社でも共通するものではありません。世間には会社が星の数ほどあり、会社によって経営状況・抱える課題、社内の雰囲気は千差万別です。
例えば、同じ営業職採用といっても、会社によって求める人材像は様々です。
営業職に元気さ・ノリの良さなどを求める会社であれば、面白い自己PRをする学生は採用されるかもしれません。なぜなら、会社が求める人材像と面白い自己PR内容とが合致しているためです。
一方で、営業職に緻密な分析力やコンサルティング力を求める会社であれば、面白い自己PRをしても採用される可能性は低いでしょう。

3.「自分が企業に貢献できる人材であること」を自己PRしましょう。

これまで見てきたように、「面白い自己PRがどの会社でも有効である」とは言えません。したがって、面白い自己PRが選考上有効となる企業の採用選考では、面白い自己PRをすればよいですし、それが有効でない企業では、面白い自己PRをする必要はないと言えます。
結局のところ、面白い自己PRであるか否かに関係なく、自己分析で自分の強みを、また企業分析で企業の求める人材像を的確に把握し、自分が会社に貢献できる人材であることをPRすることが何よりも重要です。このような自己PRなら、いわゆる「面白くない」自己PRでも、採用される可能性は十分にあると言えます。