面談と面接の違いって?それぞれで見られているポイントと攻略方法 | 新卒就活.com

2016/08/30更新

面談と面接の違いって?それぞれで見られているポイントと攻略方法

面談と面接の違いをご存知でしょうか?
見分けがつきにくい面談と面接ですが、その二つには明確な違いがあります。
その二つの違いを理解することで、対策も変わってきます。
面接とは違って面談では採用担当者はどんな視点から就活生をみているのか?
では、面談と面接の違いを見ていきましょう。

面談と面接に違いとは!?

silhouettes-776666_640
就職活動を行っている中で、企業の今後の日程に面接と面談の両方が組み込まれていることがよくありますが?
面接と面談って何が違うのと疑問に思ったことがある人も多いのではないでしょうか。

●面接は採用担当者が主導・面談は就活生も自発的に発言できる!

この面接と面談にはもちろん明確な違いがあります。
まず面接とは、採用担当が就活生を選別するために行うものである、基本的に採用担当による質疑応答など採用担当主導のものを言います。
そして面談は就活生も自発的に発言することができ、面接の緊迫した雰囲気とは異なりカジュアルな雰囲気の中で面談を行うことが多いようです。
これが面接と面談の明確な違いとなります。

面接と面談で見られていることは!?

まず面接では、就活生の将来性や企業への意欲または面接時における対応で社会人としての自覚を見極めています。
そのため面接時は基本的に採用担当の表情は変わらず、就活生に対しわざとプレッシャーをかけるようなこともあります。

●面接ではマナーや働く意欲・面談では就活生の本音や素が見られている

そして面談では、就活生個人がどういう人間なのか、内面的なものを見る場となっています。
つまりこの就活生の企業との相性はどうなのかを見極めたいため、就活生の本音や素が表に出てくるように、面接と違いカジュアルな雰囲気で行うのです。
面談は基本的に、内定後に行う企業が多いようです。

面接前に行う面談は要注意!!

面接では選別、面談では相性を見るというように説明しましたが、例外的な面談も存在します。
それは面接前に行う面談です。
基本的に内定後に行う面談ですが、面接前に行う面談ではそのとき採用担当が受けた印象が直に選別の判断材料となります。
そのため就活生は、面談がカジュアルな雰囲気だからといって気を緩めてはいけません。

●しっかりした姿勢やハッキリとした口調を気を心掛けること

面接のように質疑応答ではないので、しっかしとした姿勢や口調、さらには採用担当に好印象と思わせる質問を投げかけるといいでしょう。
具体的には企業の事業内容に触れた質問をすると好印象を持たれる傾向があります。

面接は就活生の選別・面談では企業との相性を見る

いかがでしょうか?今回は面接と面談の違いについてご紹介しました。
面接と面談は企業によりフローが異なり、その順序によっては本質も異なります。

まずは面接と面談の違いをしっかりと理解し、対策を立てることが重要です。
面談では自発的に発言することもでき、採用担当もカジュアルな雰囲気作りを心がけているため、面接時に聞きづらかった給与や待遇に関しては面談で聞くといいでしょう。
しかしいくらカジュアルな雰囲気といっても、敬語や態度など社会人としてしっかりと常識をわきまえましょう。

面接と面談の違いを理解することにより、内定にぐっと近づくことができるでしょう。