面接の自己PRで大切なこと | 新卒就活.com

2017/08/22更新

面接の自己PRで大切なこと

新卒就活の手引き|自己PR
元採用担当がお届けします。
以前、別の記事で「自己紹介は自己PRとは違う」という事で自己紹介の話をしましたが、今回は「自己PR」についてフォーカスします。研究者やアーティストなど、よほど特別な職業でなければ、社会に出ると「自分を売る力、自分を良さに気づいてもらう力」が求められます。

それは就職活動というサバイバルな環境でも同じで、自分を上手に売れない人は内定を取る事は出来ません。というわけで、今日は「他の学生と差別化をはかる自己PRのテクニック」について紹介します。

これも本に書いている知識ではなく、私の実体験と知人の採用担当者のリアルな話ですので、すぐに面接の場で活かして、他の学生と差別化をはかってください。

自己PRで大切なこと

まず面接の自己PRの意義ですが、面接官が自己PRを通じて確認したいのは、

  • 協調性があるか
  • 積極性があるか
  • 忍耐力はあるか
  • 度胸があるか
  • それらを含めて、自分を売ろうとする「意思」を持っているか

などの点です。スピーチ力もテクニックもあまり見ていません。むしろ、あまり流暢に話す機械的な自己PRよりも、少しおぼつかないくらいのほうがウケはいいです。

相手は何百人もの応募者を見てきた百戦錬磨のビジネスマン。「オレはデキる男です」とアピールしてくる大学生より、下手だけど熱意がある大学生のほうが絶対に好かれます。人に好かれるという能力は入社してからも重要ですから、そこも見られます。

【時間が無くても大丈夫!】自己PR作成マニュアル<PR>

「自己PRってどうやって作成するの?」と悩んでいませんか?
自己PRは失敗すれば自己満足になってしまい、面接で響かなくなってしまいます。

キャリアパークでは自己PRの作成が簡単にできるマニュアルが無料でもらえます。
自己PRが分からないという方はもちろん、もうすでに作成しているから大丈夫という方も、
この資料を使って見直すことをオススメします。

自己PRに正解はあるの?

よく就活本などに「自己PRでは●●について話せば効果的」と書いてありますが、自己PRの答えに正解などありません。何を話せば効果的かというのは、

  • 志望業界の特徴
  • 志望企業の特徴
  • 志望職種の特徴
  • 面接官のタイプ

によって全く異なってきます。そのうえで面接官、採用担当者がまず見るのは「ウチで長く続けられるかどうか?」「先輩上司、同僚とうまく馴染めるかどうか?」で、能力やスキルは二の次です。どれだけ高い能力を持っていても、会社に馴染めずうつ病で欠勤されては能力を発揮する事も出来ません。

企業への就職を考えている人ならお分かりでしょうが、会社員に求められるのは「協調性」です。特に大企業になればなるほど「足並みを揃えられるか」が重要視されます。

「一匹狼で人に頼る事が大嫌いです。ぜんぶ自分で解決します」

などと答えていると、「じゃあベンチャー企業に就職するか、自分で起業でもすれば?」と言われて終わりです。完全な独立型の営業でもなければ、企業の仕事はチームごと、事業部ごとにやっていきます。同僚、先輩、上司、はたまた他部署と連携と取りながら、「円滑なコミュニケーションのもと」仕事を進めていくのです。

ですので、先にあげた、協調性、積極性、忍耐力などがある、というエピソードを盛り込むのは効果的と言えます。

という前提を踏まえたうえで「他の学生と差別化をはかる自己PRのテクニック」ですが、これは、

【 志望動機と自己PRをミックスして答える 】

というものです。

面接官に良い印象を与えるような自己PRをしつつ、
「御社にはAという魅力があるので、私のこれまでのBという経験を活かせるし、少々つらい事があっても続けていけると思いました」
と、自然に志望動機につなげるのが理想です。話す時間は1分程度で充分です。簡潔に話して「何か質問があればお願いします」で締めると、「ウザい」という印象を与える事はまずありません。

このミックステクニックを使える学生は1割にも満たないと思いますので、ぜひ面接の場ですぐに実践して、面接官に好印象を与えてください。