面接の自己PRで大切なこと | 新卒就活.com

2016/08/09更新

面接の自己PRで大切なこと

新卒就活の手引き|自己PR
元採用担当がお届けします。
以前、別の記事で「自己紹介は自己PRとは違う」という事で自己紹介の話をしましたが、今回は「自己PR」についてフォーカスします。研究者やアーティストなど、よほど特別な職業でなければ、社会に出ると「自分を売る力、自分を良さに気づいてもらう力」が求められます。

それは就職活動というサバイバルな環境でも同じで、自分を上手に売れない人は内定を取る事は出来ません。というわけで、今日は「他の学生と差別化をはかる自己PRのテクニック」について紹介します。

これも本に書いている知識ではなく、私の実体験と知人の採用担当者のリアルな話ですので、すぐに面接の場で活かして、他の学生と差別化をはかってください。

自己PRで大切なこと

まず面接の自己PRの意義ですが、面接官が自己PRを通じて確認したいのは、

  • 協調性があるか
  • 積極性があるか
  • 忍耐力はあるか
  • 度胸があるか
  • それらを含めて、自分を売ろうとする「意思」を持っているか

などの点です。スピーチ力もテクニックもあまり見ていません。むしろ、あまり流暢に話す機械的な自己PRよりも、少しおぼつかないくらいのほうがウケはいいです。

相手は何百人もの応募者を見てきた百戦錬磨のビジネスマン。「オレはデキる男です」とアピールしてくる大学生より、下手だけど熱意がある大学生のほうが絶対に好かれます。人に好かれるという能力は入社してからも重要ですから、そこも見られます。