OB訪問でのメール返信に関する注意点 | 新卒就活.com

2016/09/14更新

OB訪問でのメール返信に関する注意点

ob訪問でのメール返信に関する注意点についてご紹介します。
OB訪問を行なう際にアポを取る際やスケジュールの確認のためにメールのやり取りを行なうことも少なくないでしょう。
しかしOBとのメールのやり取りには細心の注意が必要ですし、返信のマナーには特に気を配る必要があります。

OB訪問に関するメール返信の注意点1,相手の情報を記載

keyboard-70506_640

OB訪問のメール返信を行なう際に必要な内容としては、まず誰が誰に対してメールの返信を行なっているのかを明確に記載する必要があるということです。そのためOBからメールが届き、それに返信する場合は、ただ単に返信をすれば良いわけではなく、文面と同じくらいマナーに則った記載方法を実践する必要があるといえます。

~誰に対するメールなのかを明確にする必要がある~

まず返信する場合には相手の会社名と名前を必ず記載する必要があります。
もし部署が分かればそれも記載するとさらによいといえます。
これはビジネスマナーにおいて最低限のマナーですので、相手の企業名とOBの名前は必ず記載するようにしましょう。
これを記載するかしないかで、そのメールが失礼なメールなのかそうではないのかが決定付けられてしまいます。

OB訪問に関するメール返信の注意点2,自分が何者かを呈示

OB訪問のメール返信で、相手の企業名や名前を記載するのは当然のマナーですが、もちろん自分自身が誰であるかを記載することも必要だといえます。
メールの返信だから誰がOB訪問に行くのか、やり取りをしているのは誰かくらい分かるのでは?と考える人もいるかもしれませんが、自分がどの学校の誰なのかを記載しないとやはり相手に誰がメールを返信しているのかがわかりませんし、自分のことを名乗らずにメール返信を行なうのは非常に失礼だといえます。

~自分を名乗らないのはマナー違反!必ず自分の大学名と名前を記載する~

電話に例えた場合、自分のことを名乗らずに電話をした場合、電話をかけてきた相手が誰かを判別するのは非常に困難だといえます。
ですからやはり名乗らないことはマナー違反ととられても仕方がないといえますので、OB訪問のメール返信の場合も必ず自分の学校と名前を記載する必要があるわけです。

OB訪問に関するメール返信の注意点3,日程の確認

OB訪問のメール返信で確認すべきことは、OB訪問の日程の確認が主な内容となります。
そのためOBの方からメールが届いた場合には、きちんと日程を確認し、その日程で合っているかどうかをOBに再度確認をしてもらう必要があります。
そのため返信メールの文面の中に日程を復唱して記載し、日程を自分が確認したこと、そしてその日程で合っているかどうかを再度OBの方に確認してもらうことが重要です。

~自分で日程を確認した後は再度OBの方に確認をとってみること ~

もし再確認してもらわなかった場合、OBの人の勘違いで日程を間違っていたということも無いとは言えませんので、内容の再確認は必須だといえます。
文面の最後には感謝の意をきさいすることもメール返信時のマナーだといえますので、ただ内容を確認するだけでなく、OB訪問の時間を割いてくれたことに関する感謝を必ず記載することも必要なことだといえます。

OB訪問に関するメールの返信は最低限のマナーを守ること!

OB訪問のメール返信に関しては、極当たり前のマナーを守るということが最も大事になってきます。
そして日程などの確認をきちんと行い、メール自体が失礼な内容にならないこと、感謝の気持ちを伝えることなどが必要です。
ぶっきら棒な内容のメールにならないように注意をしましょう。