OB訪問での有効な時間の使い方とは | 新卒就活.com

2016/09/14更新

OB訪問での有効な時間の使い方とは

OB訪問での有効な時間の使い方をご紹介します。
OB訪問は実際に働く人から情報を得ることができ、将来のビジョンや会社のイメージを掴みやすくなる事から、内定率のアップにもつながる有効な手段です。
一方で、話せる時間はごく限られている場合も多いので、有効な時間配分が重要と言えます。

OB訪問での有効な時間の使い方1,スケジュール管理

time-699965_640

OB訪問は出来る事であれば就職活動が解禁される春前には行っておくべきです。
しかし、春先は期末で忙しい企業もおおく、時間をもらうのにも苦労するケースが出てきます。
この場合は相手の時間を優先したスケジュール作成が必要です。
近年は残業禁止の日を決める企業も増えているため、仕事帰りも含めた行動を検討したいものです。

~相手の時間を優先したスケジュール作成が必要不可欠!~

一方で、仕事が終わる時間が不規則で、時間がわからない場合も多く、そういった場合は休日を確認しながら調整する形になります。
特に焦って自分の都合を押し付けるようなことが無いように注意が必要です。
OB訪問は重要ですが、それだけで内定が決まる事は無いのです。相手のスケジュールが合わないようであれば、他の人を当たってみるのも方法です。

OB訪問での有効な時間の使い方2,下調べと時間配分

OB訪問が決まり、実際に会う事になった場合は、時間に余裕を持って出かけるのが常識です。
特に初めての場所に行く場合は念入りな下調べが重要です。
まちがっても待ち合わせの時間に遅れるようなことがあってはならないからです。
OB訪問は貴重な時間を貰っていることを忘れてはいけないのです。

~質問が長引かないよう時間配分を考える!~

また、もう一つの注意点が、質問が長引き過ぎないように時間配分を考えることです。
質問には重要な質問と、出来れば聞いておきたい質問と、それぞれに位置づけが異なります。事前に質問を整理し、相手にストレスがかからない時間に納めることや、時間配分も重要です。
上手く同じ企業に入れた場合は、相手は企業の内部でも先輩になる事を忘れてはいけないのです。

OB訪問での有効な時間の使い方3,終電の時間の配慮

OB訪問はあまり長く話しては相手の負担になる一方で、意気投合してしまいそのまま飲み会に流れる場合などもあります。その場合は相手の終電の時間などにも配慮する必要があります。先輩後輩の場合だとお酒を奢られる場なども増えるものですが、あくまでOB訪問がメインで会った場合は、早めに切り上げるのも方法の一つです。

~自分の終電を告げて早めに切り上げることも重要~

特に体育会系などは出来るだけ後輩の面倒を見ようとする事も多いため、自分の終電などの都合を告げて早めに辞退することも重要です。
話を聞いた内容を整理するためにも、あまり時間が遅くなっては記憶も薄れることがあります。
帰宅した際や、帰宅途中に情報やメモをまとめるなど、文字として残すのは有効な手段です。

OB訪問が終わった後の行動にも注意が必要!時間への配慮を忘れずに

B訪問は相手の貴重な時間をもらう行為です。
一方で、業界を問わず繁忙期になりやすい時期と、OB訪問に適した時期が重なってしまう場合もあります。
OB訪問の活動時期を前倒しして、時間の調整をしやすくすることも重要な事です。
また、自分の記憶の鮮度を保つためにも、OB訪問が終わった後の行動にも注意が必要と言えます。