OB訪問で活用できる質問リストの作成方法 | 新卒就活.com

2016/09/14更新

OB訪問で活用できる質問リストの作成方法

OB訪問で活用できる質問リストの作成方法をご紹介します。
実際に企業に勤める先輩に話を聞くOB訪問は、貴重な機会です。特に志望する企業に努めている人がいるなら聞き逃しなどは大きな痛手に繋がります。
質問リストを作成し、自分の聞きたいことに漏れがないのかセルフチェックすることが重要です。

OB訪問における質問リスト作成方法1,調べられない情報に絞り込む

OB訪問の基本は、OBに聞かなければわからない事以外を聞く価値は無いと言うことです。
例えば企業の基本情報や、特色などと言った情報はホームページや会社説明会でも手に入る情報なのです。
つまり時間の無駄になりかねず、貴重な時間を割いてくれたOBにも失礼です。

~ネット上で検索して簡単に結果が出る質問はNG!~

そのために、質問リストを作成するわけですが、質問リストは聞きたいことがすぐに調べられる情報か確認するためにも使います。
良く分からない場合はとりあえず思いつくままにリストを作成することをお勧めします。
その上でネット上で検索を行い、簡単に結果が出る場合であれば絞り込んでいくこともできます。
OB訪問を行う際には念入りな下準備が必要なのです。

OB訪問における質問リスト作成方法2,優先順位をつける

質問リストの整理が出来たら、今度は優先順位をつけていきます。OB訪問は貴重な時間を貰って行うものなので、使える時間も限られます。聞きたいことがあまりに多い場合は先に時間が無くなるケースも十分にあるのです。
話が長引く場合なども考慮し、優先するべき質問を決めるべきです。

~話が長引く可能性も考えて優先すべき質問を決まること!~

また、優先順と共に、具体的で答えやすい質問を先に置く必要があります。
OB訪問もあまり面識がない人が相手の場合は、会話が弾まない場合も有り得ます。
そのため、相手が答えやすいような質問を先にして、会話を成立しやすくするのも重要なのです。
まずは、簡単な自己紹介などから入ってクッションを置いてから、質問リストの優先順などを参考に話を聞くのが得策です。

OB訪問では質問リストにとらわれすぎないこと!

OB訪問で質問リストを用意することは重要ですが、あまりこだわりすぎても意味がない場合もあります。
会話がはずめば予想していなかったようなプラスの会話ができるかもしれないからです。
質問リストの中で特に優先されるものは聞いておくべきですが、相手の言葉を遮らずに真摯に聞けば、2度目、3度目のOB訪問に繋がる可能性もあります。

~相手の言葉をさえぎらないこと!次の機会にもつながる会話を意識しよう~

真摯にメモを取り、場合によっては相手を称賛することもためらわない事です。
プライベートな雑談に終始してしま場合は問題ですが、社内での業務で思っていることや、実際にどんな人が働いているかは重要な情報です。
気が合いそうな場合は、OB訪問とは別に飲みに行く約束をするなど、他の場で会う約束をするのもコミュニケーションであり、人脈も広がります。

OB訪問における質問リストは重要!必要性と優先順位をつけておくこと

OB訪問は優先して聞くべきことと、本当にOBに聞かなければいけない事かセルフチェックをするためにも質問リストが重要です。
簡単に調べられる情報を聞くのは、OBにも失礼に当たります。
また質問リストにこだわりすぎて印象を悪くしないように配慮をしつつ、プライベートな食事の場に誘う等、次の機会につなげるのも方法の一つなのです。