OB訪問に履歴書を持参する重要性について | 新卒就活.com

2016/09/13更新

OB訪問に履歴書を持参する重要性について

OB訪問に履歴書を持参する重要性についてご存知でしょうか?
就職活動を行う上でOB訪問を行う人がほとんどだと思いますが、OB訪問時に手ぶらで訪問してしまう人も少なくないようです。
履歴書を持参しないのは、OB訪問のマナーにも反していますしせっかくのチャンスを無駄にしているとも言えます。

OB訪問時になぜ履歴書は必要なのか?

people-220284_640
OB訪問時になぜ履歴書を持参する必要があるのかといえば、まず第一に、自分が誰なのかをOBに知ってもらうために履歴書は必要となります。
最近ではOBは面接官ではないので履歴書は持参しなくても良い、名刺を良いしておけばこちらの名前などは伝えることが出来るから履歴書は不要という意見も少なくないと言えますが、やはりOB訪問時には最低限履歴書を持参しておくほうが相手に与える印象も変わってくると言えます。

●自分を紹介するためにも履歴書は重要!

OB訪問は遊びではなく就職活動の一環として行うものです。
就活をしているという姿勢を見せることも重要となります。
それとそれ以外にもOB訪問に履歴書を持参するメリットがありますので、必ず履歴書くらいは持参すべきだと言えます。

OBに履歴書を見てもらうメリットとは?

OB訪問に履歴書を持参してOBに見てもらうと言うことは、自分のことをOBに伝えるだけではなく、持参した履歴書の内容が果たしてこれでいいのかという添削をしてもらうことにも繋がります。

●採用試験に合格した人の目線から添削してもらうことが可能!

よくよく考えてみると分かるのですが、OB訪問で訪れた会社にそのOBの人は就職出来ているわけですから、採用試験に合格したということになります。
その人に履歴書を見てもらうということは、その履歴書のどこが良くてどこが悪いかを採用試験に合格した人の視点で添削してもらうことが出来ると言うことになります。
実際に履歴書を作成して提出した経験をOBは持っているわけですから、現場で働く人の目線にたった履歴書の内容の善し悪しを判別してくれますので、そういった添削をしてもらうという意味でも履歴書を持参する価値があると言えます。

OBに履歴書を見てもらうための方法

OB訪問に履歴書を持参してOBに見てもらうためには、その切り出し方が重要となります。
初めに履歴書をOBに渡し自分が誰かを確認してもらう時点では、履歴書の添削をお願いしないほうが良いと言えます。

●OBの話を聞いた後に添削をお願いすること!冒頭での申し出はマナー違反!

まずはOB訪問でOBの話を聞き、自分がOBに聞きたい質問が出来る段階になった時に、改めて履歴書に変なところは無いか、直すべき部分はあるかを聞いてみるのがベストな方法だと言えます。
OB訪問のメインはOBの話を聞き自分を覚えてもらい、就活での疑問などをOBに聞くと言うことですから、冒頭からいきなり履歴書の添削をお願いするのはマナーに反していると言えます。
そのため流れの中で履歴書を詳しく見てもらうのがOBの方に対しても失礼にならないとえます。

OB訪問に参加することは履歴書を添削して貰えるメリットや自分自身を知ってもらう良い機会!

OB訪問に履歴書を持参するのは最低限行うべきことだと言えます。
名刺があれば後は履歴書は要らないと言う考えはやはり少々間違っていると言えます。
履歴書=自分自身を表す履歴ですので、OB訪問時にも必ず持参して失礼の内容に配慮する必要があるでしょう。
また添削して貰うメリットも忘れずに、有意義なOB訪問にしましょう。