OB訪問のやり方について | 新卒就活.com

2016/09/14更新

OB訪問のやり方について

OB訪問のやり方についてご紹介します。
OB訪問は内定や就職に大きくつながる有効な情報収集方法です。
一方で、やり方に関してはサークルの先輩やゼミの先輩など、元々の交流がなければ難しい場合もあります。
積極的に活用するための方法と、対策を探っていきます。

OB訪問のやり方1,OBの連絡先の入手から

11-21-00-524_640

OB訪問は内定や就職に大きくつながる有効な情報収集方法です。
一方で、やり方に関してはサークルの先輩やゼミの先輩など、元々の交流がなければ難しい場合もあります。
積極的に活用するための方法と、対策を探っていきます。

~インターンを受け入れてない企業の情報を得ることが可能~

OB訪問は実際に企業に勤めている先輩に、実際に働いている感想や、企業ないの雰囲気などを聞くために行います。
事前情報をえることは実際に働き始めるイメージに繋がるため、志望動機の具体性や、将来のビジョンを持つために役立ち、大きく内定率を上げる効果があると言われています。
実際に職場体験を行うインターンとはまた違った形で情報をえることが出来ます。

インターンを受け入れてない企業の情報を得るためにも有効なやり方です。
メリットは、比較的短時間で話を聞くことが出来ることです。
厳しい就活のスケジュール管理の中で、OB訪問は非常に賢い方法と言えます。
一方で、やり方はまずOBの連絡先の入手から始めなければいけない場合が多く、その点では非常に手間がかかる場合もあります。

OB訪問のやり方2,サークルやゼミのつてをたどる

OB訪問の一番簡単なやり方は実際の顔見知りに情報を聞くことです。
企業に勤める先輩に情報を聞けば簡単に情報を得られるうえ、突っ込んだ話も容易にできます。
顔見知りがいない場合でも自分以外に知っている人は多くいる場合もあります。

~教員や友人をつかって紹介してもらうのも手!~

担当教員やサークル仲間やゼミ仲間に知り合いがいないかを聞く方法があります。独自の交流ルートがあれば、知り合いのつてで頼むのも方法です。
それ以外の方法の場合は、相手に経緯や立場が伝わり辛いため、配慮の為の労力を割かなければいけなくなります。
可能であれば、知り合いやゼミ、サークルの知り合いから紹介をしてもらい、OB訪問が可能か打診するのが賢いやり方と言えます。

OB訪問のやり方3,SNSを活用する

OB訪問のやり方の一つとして、大学の就職課にあるOB名簿から探す方法があります。個人情報の取り扱いの関係から情報を開示していない大学も増えていますが、その場合は慌てずに就職課の担当教員に心当たりがないか聞くことが重要です。
OB訪問をしたいことを伝えれば、紹介を受けられる可能性もあります。

~OB・OGのコミュニティーなどを利用する!自分の情報を公開し機会を伺うのも良し~

また、近年ではSNSを利用する方法も活発化しています。
一部SNSでは知り合いを簡単に見つけるために、出身大学などの情報も公開するケースが多いからです。
また、大学OBやOGのコミュニティーがネット上で出来上がっている場合もあります。
積極的なネット検索もじつや賢いやり方であると言えるのです。

OB訪問をやりか方は人脈を広げる・SNSを活用することが重要

OB訪問のやり方は様々ありますが、その連絡先を入手するまで一番の難関となる場合もあります。
しかし、近年はSNS上に出身大学などの情報をあげる人も増えているため、一時期よりも探し当てるのは難しくなくなっています。
使える方法を有効に使う事がOB訪問に繋がり、内定率アップにも貢献するのです。