OB訪問の後で出すお礼状に書くべき内容とは | 新卒就活.com

2016/08/09更新

OB訪問の後で出すお礼状に書くべき内容とは

OB訪問の後で出すお礼状に書くべき内容をご紹介します。
OB訪問をうけてもらったら、お礼状を出さないとなりません。
もちろんそれが強制されているわけではありませんが、出した方が印象も良くなるでしょう。
しかし何を書いたらいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

OB訪問後に出すお礼の内容1,印象に残った話を記載する

fountain-pen-1053697_640
OB訪問の後のお礼状には、当たり前ですがまずOB訪問をうけてくれたこと、そしてそこで有意義な時間を過ごさせてくれたことへのお礼を書くべきです。
もし何か御馳走になっていたら、そこで改めてお礼を述べましょう。
そしてそれから、そのOB訪問での話の中で、どんなことが印象にのこったかということを述べていきましょう。
具体的にすればするほど印象は良くなるので、なるべく具体的に書いてください。

●エピソードは具体的に!お礼も欠かさずに添えること

まずはじめにお礼を書くのは、これがお礼状なのだということを改めて印象つけるためです。
それがないと何の手紙なのかわからなくなり、お礼状の意味が曖昧になります。
きちんと意味があるので、かかせず序盤で記載していきましょう。

OB訪問後に出すお礼の内容2,入社への意欲が高まった旨を記す

OB訪問のあとのお礼状では、そのOB訪問によりますますその会社に入社したいという意欲が高まったことを示していく必要があります。
それをお礼状に記載することにより、OB訪問をうけてくれた方も、やってよかったなと思い、お互いに良い気持ちで終われるようになるのです。
それがないと、あちらとしては「あれでよかったんだろうか」と不安になることもあるでしょう。

●相手も不安にさせない気配りが大事!満足度が高かったことを示す必要がある

というのも、OB訪問をうけてくれる方というのはやはり若い方が多いですよね。
ですからあちらもやはりOB訪問の経験が豊富だというわけではない方が多いでしょう。
だからこそ、こうして満足度が高かったのだということを示してあげる必要があるのです。
OB訪問をうけてくれたという恩をきちんとこうして返していきましょう。

OB訪問後に出すお礼の内容3,最後にもう一度お礼を述べる

OB訪問のお礼状に限らず、品がよく、きちんと本音で感謝の思いを伝えようとしているお礼状では、最初と最後にお礼を入れているものです。
ですから、OB訪問のお礼状でも、最後はそうしてもう一度お礼を言うようにしていきましょう。
そうすることで改めてこの手紙がお礼状であることが伝わり、適切にお礼の気持ちが伝わるようになりますから。

●お礼は最初と最後に入れる必要がある!

最初のお礼も最後のお礼も、別段長々と、また、仰々しく書いていく必要はありません。
最初は「本日はお忙しいところお時間頂き誠にありがとうございました。」程度で、最後は「とり急ぎお礼のみ申し上げたくご連絡させて頂きました。本日は本当にありがとうございました。」くらいで問題ないでしょう。

OB訪問後に出すお礼の内容は有意義な時間を過ごさせてくれたことへのお礼を書くこと

以上、OB訪問の後で出すお礼状に書くべき内容のご紹介でした。
これらの点を盛り込み、OB訪問の後で速やかにお礼状を出すようにしていきましょう。
要点だけかき、長々としたお礼状にしないというのもポイントなので、書くべき内容はこれらだけで良いでしょう。