OB訪問後に送るお礼状の書き方 | 新卒就活.com

2016/09/14更新

OB訪問後に送るお礼状の書き方

OB訪問後に送るお礼状の書き方についてご紹介します。
内定に大きく近づけるOB訪問ですが、その後のお礼状も必要なものとなっています。例えサークルやゼミなどで親しかった先輩であったとしても、お礼状は重要なマナーです。忘れないようにメールであっても送る必要があります。

OB訪問後に送るお礼状とは1,メールでも可能!

letters-867673_640

通常のお礼状は封書などで送るのがマナーですが、現在は個人情報の管理などが厳しく、住所を聞くだけで不審に思われてしまうケースも多くあります。
そのため、OB訪問ではメールでお礼状を送るケースが一般化しています。

元々親しい中で、年賀状のやり取りをする等、住所を知っているようなら封書やハガキで送っても問題はなく、場合によっては会社の人事あてに送るケースも有ります。

~個人情報の管理が厳しくメールが一般的に!お礼状は当日に送ること~

OB訪問のお礼状は、可能な限り当日に送ることが重要です。
その際は貴重な話を聞けたという感想や、貴重な時間を割いて頂いた感謝と同時に、今後の就職活動に対する意気込みなどを書くのもポイントです。
感謝の言葉だけでなく、今後につなげる意識を書くことが大切です。

OB訪問後に送るお礼状とは2,ハガキの場合は手書きで

より改まった形でお礼状を送りたい場合や、企業の人事経由でOB訪問の相手を紹介して貰った場合は、ハガキを使う方法もあります。
その場合は、パソコンなどのプリトンではなく、可能な限り手書きで作成することが重要です。手間を惜しまない姿勢が誠意として伝わるからです。

~名前や住所だけでなく大学・学部名を忘れずに記載する!~

ポイントしてあげられるのは、名前と住所だけでなく、大学と学部名も記載することです。
名前と住所だけでは顔と名前などが一致しない場合もあります。
また、自分の所属や役職をはがきに記すことはビジネスマナーとして当然です。
OB訪問を終えたら、可能であれば当日中に出したいのはメールのお礼状と変わらず、可能な限り早く出す事も誠意と感謝の表れと言えます。

OB訪問後に送るお礼状とは3,その後の就活状況の報告をする

OB訪問でお礼状を送ればそれはマナーとして完結しますが、もう一つ忘れずに行っておきたいのが、その後の就職活動の状況などの報告です。
OB訪問を行った後にどうなったかは、誰でも気になるものです。
ましてや、OBとしてのつながりがある以上、後輩の活動状況などを知りたいと思うのは当然です。

~謙虚な気遣いが人間関係の構築に役立つ!~

そのため、内定が決まった際や、アドバイスが面接などで活かせた経験をお礼の一言をメールで送るのも一つの方法なのです。
もし、同じ企業でも先輩後輩の関係になるとしたら、社内での人間関係にも大いに貢献します。
お礼状はマナーとしても大切な事ですが、人間関係を踏み込んで構築するには、マナー以上の気遣いが重要になるのです。

OB訪問のお礼状は早く送ることが誠意と感謝の表れ!

OB訪問でお礼状を送るのは一般的なビジネスマナーでう。
メールにせよ、ハガキにせよ、可能な限り早く送る方が感謝の気持ちの表れとなります。
またマナーだけでなく、今後の展望を言葉にして伝えることや、就職活動の状況の経過報告を行うことも、人間関係の構築に役立つため押さえておきたいポイントと言えます。
OB訪問後のお礼状の書き方をマスターして、今後の就職活動に活かしましょう。