OB訪問後に送るお礼メールでマナー違反にならないためのポイント3選 | 新卒就活.com

2016/09/14更新

OB訪問後に送るお礼メールでマナー違反にならないためのポイント3選

OB訪問を行う就活生が増えていますが、「有益な話が聞けて良かった」と終わらせてはいけません。OB訪問後には、時間を割いて話してくれたOBに対して、お礼メールを送る必要があります。では、どのようなメールを送ればマナー違反にならないのでしょうか。
今回は、OB訪問後に送るべきお礼メールの注意点をご紹介します。

OB訪問後のメールの注意点1,帰宅したら即送る

student-422242_640
OB訪問後には、必ずお礼の電話やメールを行う必要があります。ビジネス的に電話⇒お礼状⇒メールの順が良いといわれていますが、電話を仕事中にかけると逆に迷惑になる場合も考えられます。

OB本人がなかなかつかまらない可能性もあるため、近年ではメールでのお礼を行う人も少なくないです。

OB訪問後のお礼メールは当日中に送るのが適切!

お礼メールは、出来るだけその日のうちに送るのがマナーです。OB訪問が日中の時は、帰宅してすぐにお礼メールを送るのが最も良い方法と言えます。

遅くても24時間以内には送るべき

夜間にOB訪問を行った時や、忙しくてなかなかその日のうちにお礼メールを送れない場合には、遅くとも24時間以内には送るように心がけてください。

お礼メールは送ればいいというものではありません。送るまでの時間も非常に重要な要素になるのです。お礼メールは、遅くなるほど失礼になりますので、なるべく早く送ってください。

OB訪問後のメールの注意点2,送る時間に注意!

background-1425880_1920 (1)

次に重要なポイントになってくるのは、送る時間です。当日中に送らなければいけないと思うと、焦って夜中に送ってしまう就活生もいますが、それはマナー違反に当たります。
夜間は禁止となると、当日に送れなくなる可能性もありますよね。その際は、いつまでに送ればいいのでしょうか。

夜間や早朝の時間帯は避けるべし!

基本的にメールを送るべき時間は、就業時間内です。そのため、夜間や早朝といった時間帯はマナー違反になるので避けるべきでしょう。他にも、出勤時、お昼時、退社時の時間帯は、忙しかったり、席を外したりしている可能性があるので、できるだけ避けてください。
それ以外に日中であれば、特に問題ありません。

お礼メールに関わらず、メールを送る時間は、印象を良くも悪くもしますので、マナーに則ったメールを送り好印象を勝ち取りましょう。

OB訪問後のメールの注意点3,感想と感謝を述べる

thank-you-944086_1280

OB訪問のお礼メールを送る場合、やはり内容が伴っていなければ、意味のないメールになってしまいかねません。また、OB訪問が役に立ったのかどうかがOBに伝わらないと言えます。

そのため、お礼のメールの内容には、OB訪問に対するお礼と共に、訪問によって自分自身が得られたこと、印象に残った話や就活に役に立つと感じた話などを記載して、OB訪問が意味のあるものになったということをOBに伝えるようにするとよいでしょう。

OB訪問で得たモノや印象に残った話などを引用する!

やはりOB訪問を受け入れたOBの方は、自分の話が役に立ったかどうかが気になります。そのため、お礼メールでOB訪問が自分の就活にとって非常に大きな収穫になったということを伝えるべきなのです。

OBに好印象を与えられると、今後の就活の相談にもまた乗って貰え可能性が高くなります。一度つないだ縁は、一回こっきりにするのではなく、次へ繋げるように努力しましょう。

すぐに活用できるOB訪問のお礼メール【例文】

purse-1478852_1920

では、実際にどのような内容にすべきなのか、こちらでは例を挙げてご紹介します。

【OB訪問のお礼メールの例】
件名:OB訪問のお礼

株式会社○○
○○部 ○○様

■■大学◆◆学部の●●です。本日は、お忙しい中、貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。

ホームページや会社案内では知ることのできない、貴重な情報を教えていただいたおかげで、貴社についての理解が深まりました。貴社の一員になって、仕事をしたいという気持ちがますます強くなりました。
○○様からいただいたお話を踏まえて、業界・企業研究を深めて参ります。

就職活動をしていく中で、またお話を伺う機会もあるかと存じますが、その際は、何卒よろしくお願いいたします。

本日は、貴重な時間をいただき、ありがとうございました。

(署名)

OBから返信が来た!こんな時はどうする?

laptop-1150663_1280

上記のようなメールを送れれば、失礼に当たることはないでしょう。しかし、これで終わったと安心してしまいがちですが、まだ気を抜くことはできません。なぜならば、OBかの方から返信が来るからです。実は、案外悩みやすいのが返信の返信です。OBから返信が来たら返信すべきなのでしょうか。

読んだらすぐに返信をしよう

OBから返信が来たら、すぐに返信するようにしましょう。訪問時にも時間を割いてもらった上に、返信も頂いたら敬意を示すためにも、すぐに返信すべきです。

本文は短く端的にする

返信を頂けたら、さらなるお礼の言葉を書かなければと思い、文章を長く書く就活生がいますが、それはやめましょう。
忙しいOBにとってメールに時間を割かなければならない事態は、迷惑になります。
そのため、本文は、短くまとめる必要があるのです。要点だけをしっかり伝えましょう。

OB訪問後のお礼メールはすぐに送る!送信時間には注意すること

watch-1311180_1920 (1)

OB訪問後は、できれば当日中にお礼メールを送りましょう。しかし、送ろうとして時間が、就業時間を過ぎている場合は、翌日にしてください。相手の時間を無視したメールの送信は、マナー違反です。
また、メール本文にも書き方がありますので、感情のままに仕上げないように注意しましょう。

お礼メールがしっかりできれば、好印象を与えられます。人事の人と仲がいい場合には、もしかしたら推薦してくれる可能性もあるかもしれません。また、困った時に相談できる社会人は非常に貴重です。縁をこれからもつなげるためにも、良い印象で締めくくれるようにしましょう。