OB訪問後のお礼の手紙の書き方について | 新卒就活.com

2016/09/09更新

OB訪問後のお礼の手紙の書き方について

OB訪問後のお礼の手紙の書き方についてご紹介します。
OB訪問後にお礼の手紙を送ることはビジネスマナーでもありますし、感謝の気持ちを示すのに良い方法です。それにきっと担当してくれたOBお千歩藍にも好印象でしょう。
ですが書き方や投函する日など注意するべき点が多々あるので見ていきましょう。

OB訪問後の手紙の書き方1,まずは時候の挨拶とお礼から

letter-700386_640
OB訪問後の手紙は、あくまでもお礼の手紙になりますから、お礼から始めるというのが適切です。
しかし、ビジネスの相手に送るような手紙ですから、いきなり「先日は有難うございました」みたいなお礼から書きはじめるのではなく、きちんと「拝啓 ○○の候ますますご清祥のこととお慶び申し上げます」と挨拶から始めるようにしましょう。

●必ず「拝啓~」の挨拶から始めること!

そうして丁寧な挨拶から書きはじめると、きちんとしたマナーの出来ている人物としてみてもらえ、手紙を出した意味も出てくるでしょう。
手紙を出してわざわざ印象を悪くしても仕方ないですから、そうならないようにOB訪問後の手紙はこうして書きはじめてください。

OB訪問後の手紙の書き方2,具体的な感想を書く

OB訪問後に送る手紙の書き方としては、次には具体的なOB訪問の感想を書くようにしてください。
具体的な感想が入るとポイント稼ぎとか事務的に仕方なく送ってきたという印象がなくなり、手紙の印象がすごくよくなります。ですからかならず感想は入れるようにしましょう。

●感想の最後に入社への意欲が高まった旨を記載すると好印象

「こんな話がためになった」とか「お会いしてこんな風に思った」とか、記載して最後には「ますます入社したい意欲が高まった」というような文言でしめると尚良いです。
ただの感想でなく、自分がきちんと会社に貢献したことが分かれば、OB訪問をうけてくれた方もうれしく思うはずです。
ですから感想の最後は入社意欲が高まったということを伝えるような文言が適切です。

OB訪問後の手紙の書き方3,改めてお礼と署名を入れて完成

OB訪問のお礼の手紙としては、メインの部分は感想の部分となりますので、これ以上特に書くことはありません。
ですから最後に改めてお礼を記載して、署名を入れたらOB訪問の後の手紙は完成です。

●堅苦しいだけでは事務的!学生らしい文章が好印象

例文としてあげるなら
「是非○○様と一緒に働けるように、これからもしっかり精進していきたいと思います。この度は本当にありがとうございました。まずは書中をもちまして御礼申し上げます。敬具 署名」という例文が挙げられます。
最後の部分は堅苦しさと若若しさが同居したような文章が、人間味があってよいので、例文のようにしていくと良いでしょう。

OB訪問後のお礼の手紙は最低でも翌日の朝には投函すること!

以上、OB訪問後のお礼の手紙の書き方のご紹介でした。
こうしたお礼の手紙は迅速に出すということも非常に大切なので、できればその日のうちに投函できるようにしておくと良いでしょう。
最低でも翌日の朝には投函していってください。

手紙はただでさえ届くまでに日数がかかりますから、2・3日後に手紙を出しても、「今更?」と思われてしまうだけです。
それではせっかく手紙を出しても意味がなくなってしまいますから、OB訪問が終わったら、これらのことを参考にすぐに手紙の作成にとりかかり、直ぐに投函するようにしていってください。