OB・OG訪問を依頼する時のメールのマナー | 新卒就活.com

2016/08/09更新

OB・OG訪問を依頼する時のメールのマナー

OB訪問やOG訪問は、メールでいきなりお願いする場合もありますよね。
そんな時に最低限のビジネスマナーを知らずに失礼を働いてしまっては、印象が悪くしてしまい、OB・OG訪問にありつけない可能性もあります。
ここでは、OB・OG訪問をお願いする際のメールのマナーを紹介します。

OB・OG訪問のメールマナー1,紹介元を明らかにする

v
OB訪問OG訪問をメールでお願いする際に大切なことは、まず誰から紹介されてメールしているのかということを明らかにすることです。
それもわからずにダラダラとOB・OG訪問をお願いされても、誰もうけてあげようとは思わないでしょう。ですからそうならないようにきちんとはじめの方で紹介元を明かしてください。

●宛名もしくは名乗りの後で紹介すること

具体的にどう入れるかといいますと、相手の宛名を書いた後に一番最初に入れるか、相手の宛名と自分の名乗りをおえた後に入れるか、そのどちらかになります。
そこで紹介元をいれておけば、どこの誰からのメールか分かるようになるので不信感を抱かれにくくなるでしょう。
ですからOB訪問OG訪問をメールでお願いする際には必ず冒頭で紹介元を入れるよう心掛けてください。

OB・OG訪問のメールマナー2,目的を伝える

OB訪問OG訪問をお願いしたいのであれば、その目的を合わせて記していく必要があります。
OB訪問OG訪問をする目的がないと熱意も感じませんし、マナーも悪いです。
ですから、どうしてOB訪問OG訪問をお願いしたいのか、その理由をメールに盛り込むようにしてください。あまり長々と語る必要はありませんが、こんなことが聞きたいという質問も合わせて記載しておくと尚良いでしょう。

●あらかじめ聞きたい質問をメールで伝えておくのがマナー

そうして事前のメールで、OB訪問OG訪問での質問の内容とも思えることを明かしていくことで、相手はその質問の答えを用意した状態でOB訪問OG訪問に参加できるようになります。
それはとてもマナーが良いですよね。
ということは、その逆はマナーが悪いといえます。

OB・OG訪問のメールマナー3,先に複数の日程を呈示する

OB訪問OG訪問をお願いするメールというのは、あまり長くやり取りをするのはマナー違反となります。
では、どのようにすればあまり何度もやり取りをしないでメールが完結するでしょうか。
OB訪問OG訪問のお願いメール一番やり取りを要するのは、間違いなく日程の調節です。
ですから先に日程をいくつか示し、あまりやり取りをしないでそれが決められるようにするというのが、マナーになるのです。

●「前提」ではなく「仮の」ニュアンスで伝えること!

とはいえ、もちろん依頼を受けてくれるという前提でメールの中に日程を記載していくのは失礼に当たります。
ですからそうならないように、「もしお受け頂けるようであれば、○月○日○○時~○○時、○月○日○○時~○○時、これらの間でご都合頂ける日程をご返信いただければ幸いです。」というように、もしうけてもらえるならというニュアンスで提示するようにしていきましょう。

OB・OG訪問をお願いする際は紹介元・目的・希望日程を必ず記載すること!

以上、OB・OG訪問をお願いする際のメールのマナーのご紹介でした。
メールというのは、顔を見ているわけでもないですし、音声に感情があるわけでもありません。
ですから、マナーの悪さが目立ってしまい印象ダウンにつながりやすいので注意が必要です。
きちんとOB・OG訪問をうけてもらうためにも、きちんとマナーを守りましょう。