SPIで出される問題の傾向と有効な対策 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

SPIで出される問題の傾向と有効な対策

SPIというテストが出題されることが就活ではとても多いです。
このSPIにはどんな問題が出るのかご存知でしょうか?それが分からないと勉強の使用もありませんよね。
そこでここでは、就活のSPIで出題される問題のジャンルと対策方法を紹介していきたいと思います。

SPIは言語と非言語の問題が出る

hand-944307_640
SPIを採用しているほとんどの企業で、非言語の問題と言語の問題だけが採用されています。
つまり、国語と数学の問題だけが出る企業がほとんどなのです。
一応それに加えて性格適性検査というのもSPIの問題に含まれていますが、ここに対しては特別事前に対策と称した勉強は必要ありませんから、言語の問題と非言語の問題だけ対策していけば概ね問題ないでしょう。

●特に非言語に時間をかけて対策すること!

そんなSPIの問題ですが、特に非言語に時間をかけて対策をするというのがオススメです。
一冊の問題集を購入し、非言語を繰り替えし解くようにしていってください。
SPIの言語の問題は実はとても簡単なので、非言語ほど時間をかける必要がないので、逆に時間をかけては非効率的です。
ですから、非言語に時間をかけて点数がとれる勉強をしていきましょう。

SPIでは英語の問題が出される場合もある

SPIを採用している企業で、さらにその企業がグローバルな展開をする企業だったりするのであれば、SPIの英語の問題が出されるところもあるのです。
また別段SPIを採用していないという企業でも、他の種類のテストと組み合わせてSPIの英語だけを出題するところもありますし、その逆でSPIの言語と非言語を採用して、英語だけオリジナルの英語の問題を出してくるところもあります。

●センター試験の問題集を活用するのがポイント!

そんな英語の問題の対策としては、センター試験の問題集などを解くようにして勉強することがオススメです。
そうしてセンターレベルの問題を解いていくことにより、隙間なく知識が埋まっていき、SPIの問題もこなせるようになっていくのです。
ですからそうした対策でしっかりとレベルを高めていってください。

SPIでは社会理科や時事問題が出る場合もある

SPIを採用している企業のほとんどは言語の問題と非言語の問題だけで、英語の問題を採用しているところすらあまりありません。
ですがごくまれに社会や理科、時事問題などを採用している企業があるのです。
そういう時事問題などの問題は意外と難しいので、しっかりと準備をしておかないとかなりつまづく可能性もあります。ではそういう問題にはどう対策していくと良いでしょうか。

●一般常識の本を買うのがオススメ!

就活の一般常識対策の本は、今では書店に行けば店頭にずらりと並んでいます。
それらを一冊購入し、そういうタイプの問題が出るであろう企業のSPIが迫ってきたらそれを繰り返し解くようにするのが一番です。
そうして知識を詰め込み、しっかりとこうした問題も乗り越えられるようになっていってください。

SPI対策としてセンター試験や一般常識の問題集を活用するのが効率的!

以上、就活のSPIで出題される問題のジャンルと対策方法のご紹介でした。
SPIで出る問題のジャンルとそれぞれの対策方法はお分かりいただけましたでしょうか。
それぞれに合った方法で、効率的に勉強していき、SPIを突破していってください。