SPIとCABとの違いとそれぞれの特徴 | 新卒就活.com

2016/01/06更新

SPIとCABとの違いとそれぞれの特徴

SPIとCABとの違いについてご紹介します。
企業が人材採用のために、外部委託試験となる適性検査を採用しています。
様々な業者が提供する中で、リクルートが提供するSPIとSHL社が販売するCABが需要を集めています。
ここではよく聞くSPIと、CABについてその特徴についてみていきましょう。

SPIとCABとの違い

students-703001_960_720

SPIの場合には、汎用性の高い検査となります。
一般的な企業が多く採用しているもので、性格をみる適性検査と実務につながる能力検査とで構成されます。
一方のCABの場合には、コンピュータ関連の仕事に就く人に対して実施される試験となります。

●SPIは汎用性が高い試験・一方でCABはコンピューター関連の職務希望者が受検する

SPIとCABには共通点があります。
それは性格判断を行う適性検査があることです。
けれどもこれは、単なる性格判断ではなく、あくまでも仕事を遂行する上で必要とされる適性を調べることが目的となります。
たとえどれほど高いスキルや技能を有していたとしても、会社という組織で勝手な行動を取るようでは困るものです。また仕事に対する取り組む姿勢も客観的に判断することが可能です。

SPIの特徴

CABとは異なり、幅広くスキルを調べるのがSPIです。
適性検査の後に受ける能力検査では、言語問題と非言語問題が出されます。
文章の意味を理解したり基礎的な計算能力、それを応用した数列の規則性を導き出すものなどがあります。

●SPI試験は範囲が広く問題数も多い!

SPIはとにかく、CABとは異なりかなりの問題数が出されることが特徴となります。
一問あたり1分も無いほどのペースで解答することが求められます。
これは試験対策を行うことへの対策の意味もあります。
解答率などを分析して、受験者本来の力を反映したものかを分析することで、本当の受験者の姿を浮き彫りにするわけです。
適性検査と合わせて、受験者の本当の姿を分析する工夫となっています。

CABの特徴

一方でCABの場合はSPIと異なり、コンピュータという業種に特化した検査となります。
その能力試験も具体性があります。内容としては暗算と規則性、命令表や暗号といったものとなります。
試験内容はコンピュータの仕事を行う上で求められる技能に則したものとなっています。

●専門性のある検査!適性検査の評価比重が高い!

SPIとは異なり、CABの試験は普段の仕事に直結するものが多いので、よりスキルを判断されるものとなります。
とは言え基本的な知識を持っていれば解けるものが多いので、いずれ業務に携わる上では必要とされるものばかりです。
そのために、試験対策の勉強はそのまま就職後に役に立つものばかりとなります。
ただし、専門性の高い検査なので社交性などを問われる適性検査の評価比重は高めとなります。

SPIとCABで共通する点は仕事に対する姿勢と社交性が評価されること!

このようにSPIとCABは根本的に目的は異なるものです。
それぞれに対策方法は異なるので注意が必要です。
いずれにしても、仕事に取り組む姿勢や社交性などがセットで評価されるという点が共通することになります。