SPIのテストセンター会場と試験の流れについて | 新卒就活.com

2016/09/15更新

SPIのテストセンター会場と試験の流れについて

SPIのテストセンター会場と試験の流れについてご紹介します。
SPIのテストセンターはどんな会場で行われるのかご存知でしょうか。
それが分からないとなかなかテストセンターのイメージがわいていきませんよね。
では以下でSPIのテストセンター会場と試験の流れについて見ていきましょう。

SPIのテストセンター会場について1,東京の他7都市にある

empty-314554_640

SPIのテストセンターは、東京の他に7つの都市に点在しています。
札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、広島、博多という7つの都市です。
ですから、テストセンターでSPIを受験するのであれば、これらの都市の中から近くにあるテストセンター会場に赴き受験するということになります。

~テストセンターの会場は意外に狭い!~

東京のテストセンターはお茶の水にあり、清潔感のある会場で、まるで会社の一部屋のような場で受検することになります。
テストセンターというと大学の大きな教室のようなものを想像する方もいるかもしれませんが、それは間違いです。
そういうところを想像していくと驚いて動揺してしまうでしょう。
ちょっと仕切りとパソコンがあるだけで、狭いところで受験すると思っていた方が良いでしょう。

SPIのテストセンター会場について2,ピーク時には臨時の会場が出来る

それだけしか会場がないとなると、どうしても自分が受験したいタイミングで受験できないのではないかと思うものですよね。
関東圏にたくさんあるのならまだしも、東京の、しかもお茶の水にしかないのに、そこにすべての関東圏の就活生があつまってくるのですから、そうして心配になってしまうというのも仕方ないことでしょう。しかし心配はいりません。

~臨時の会場がオープンされるので席は必ず確保できる!~

先に紹介した8つの都市の会場は通年でオープンしているというSPIのテストセンターの会場で、実際のピーク時にはこれらの会場の他に臨時でテストセンターの会場がオープンするようになっているのです。
ですから会場がとれなくなってしまうのではないかと特にあわてる必要はありません。
しっかりSPIのためのテストセンターの会場は確保できるでしょう。

テストセンター会場でのSPI試験の流れについて

ではそんなSPIのテストセンターの会場に到着した後はどのような流れでSPIは進んでいくのでしょうか。

1,まずテストセンターの会場に到着したら、受付で顔写真付きの公的な身分証明書のコピーを提出して本人であることを認証します。
2,そこからロッカーに赴き、荷物を置いたりコートをしまったりします。
3,そのロッカーの中には筆記用具やメモ、座席表が入っているのでそれを取り出し、部屋に入室していきます。

~自分の筆記用具は持ち込まないように注意!~

筆記用具等はそれしか使えないので、持参したものを持ち込まないように注意ですね。
あとは座席表の席に座り、パソコンの画面やスタッフの方の指示に従いテストセンターでのSPI試験を進めていくだけです。
テストセンターの会場では、こうした流れで試験がおこなわれます。

SPIのテストセンターの会場では必ずスタッフとパソコンの指示に従うこと!

以上、SPIのテストセンターの会場の場所とそこでの流れのご紹介でした。
会場内には指定されたもの以外は基本的には持ち込み不可です。必ずロッカーに閉まっておきましょう。
なんとなくテストセンターでのSPIについてはイメージができてきましたでしょうか。
会場の雰囲気などは実際に行ってみないと分かりませんが、やはり一回目は飲まれてしまう可能性もあるので、2回ほど受験することをお勧めします。