SPIの同意語問題に効果的な3つの対策法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

SPIの同意語問題に効果的な3つの対策法

SPIでは同意語の問題が出題されます。この同意語の問題は、ボキャブラリーを増やしていくことで確実に点数が稼げるようになる箇所ですから、しっかり対策して確実に点数を稼いでいきたいところですよね。
そこでここでは、SPIの同意語の問題への効果的な対策方法を紹介していきます。

SPIの同意語問題の対策1,新聞の言葉を言い換えていく

newspaper-1075795_960_720
まずSPIの同意語問題へのオススメの対策方法は、新聞を読んで熟語が出てきたら、その言葉の言い換えの言葉を探すという方法です。
この方法であれば、新聞に出てくるような熟語を覚えられます。そういう熟語はSPIの同意語の問題でも出やすいので、とても効果的と言えるのです。
また、この方法にはもう1ついい点があります。

●新聞を読むことで読解の勉強も出来る!

ただ同意語の問題に対して対策していけるというだけでなく、こうして新聞の文章を読むことで、SPIの言語問題の長文読解の問題への対策もしていけるようになるのです。
そういう別の対策も同時に出来るというのは、時間を上手く使いたい就活生のとってはうれしいことですよね。そうして時間を上手く使い攻略していきましょう。

SPIの同意語問題の対策2,頻出される問題を覚える

SPIでは良く出る問題があります。
それは、同意語の問題も例にもれません。
ですから、SPIの問題集等で、同意語でよく出る問題をしっかり解いておき、その回答をおぼえておけば、それで確実に点数が稼げるようになったりもします。
そうして確実に点数を稼げるであろうところを落としてしまうというのはもったいないですよね。そうならないようにきちんと問題集はといておきましょう。

●記憶を定着させるためにも問題集を繰り返し解くことが大事!

同じ問題集を何度も解くようにすれば、確実にそういうよく出る問題を覚えることができ、確実に点数が稼げるようになります。
一度やっただけでは、どうしてもそういうところの記憶が定着していかないので、逆に時間がもったいなくなります。それをふせぐためにも、一冊の問題集を何度も解くようにしていきましょう。

SPIの同意語問題の対策3,常に言い換えを意識する

常に言い換えを意識して生活するというのも、効果的なSPIの同意語の問題への対策方法と言えます。
常に言い換えを意識していけば、自然とボキャブラリーは増えていきますよね。
電車の中づり広告や、ふと思い浮かんだ言葉など、色々な言葉を言いかえるようにして、SPIの同意語問題対策としてボキャブラリーを増やしていきましょう。

●自分で考えた後にスマホで調べること!

言い換え例は、必ず自分で良く考えたあと人スマホで調べるようにしてください。
何も考えずに、「あ、あの言葉の言い換えは何だろう」と思って調べても、まず記憶に定着しません。
しかし、自分で考えた後に調べるようにすると、その作業の分記憶に定着しやすくなるのです。ですから必ずそうして自分で考えてから調べるようにしていってください。

SPIの同意語問題は日頃から言葉を言い換えてみる意識を持って自分で調べる対策が効果的!

以上、SPIの同意語の問題への効果的な対策方法のご紹介でした。こうしていけばしっかりとボキャブラリーがふえて、SPIの同意語の問題でも確実に点数が稼げるようになるでしょう。
せっかくの得点源ですので、ぜひこうしてうまく対策していき、点数を稼いでいってください。