SPIの性格テストに答える際のポイント | 新卒就活.com

2016/08/04更新

SPIの性格テストに答える際のポイント

SPIの性格テストは、たかが性格テストと思って何も考えずに回答していくと、後で痛い目にあいます。
ここで落とされてしまうということも良くある話なのです。
そこでここではそんな事態にならないように、SPIの性格テストに答える際のポイントを紹介します。

SPIの性格テストポイント1,矛盾な回答に注意!

customer-563967_640
SPIの性格テストで最もやってはならないことは何かご存知でしょうか。
SPIの性格テストで最もやってはならないことは、回答に矛盾を生じさせて、性格に矛盾を生じさせてしまうことです。
性格に矛盾が生じると、考え方に一貫性がない人物とみなされて、すごく印象が悪くなるのです。
ではどうすれば矛盾を生じないようにできるでしょうか。

~一つだけルールを作ってそれ以外は正直に答えるようにしよう!~

SPIの性格テストで矛盾を生じないようにするために一番良いのは、なるべく正直に回答をしていくという方法です。
勿論すべてに正直に答える必要はありませんが、「自分の欠点はポジティブに変えて答える」など、一つだけルールを決め、それ以外は正直に答えるようにすれば矛盾は生じません。そうして一貫性のない性格にならないようにしていきましょう。

SPIの性格テストポイント2,強気で回答する

SPIの性格テストでは、弱気な回答よりも、強気な回答の方が好まれる傾向にあります。
それはどの企業においても同じことです。ですから、これは絶対「いいえ」だなとおもうようところ以外で、「どちらかと言えばいいえかな」と思うくらいのところは、強気に「はい」と答えるようにしていきましょう。
そういう質問は意外に多く登場してくるはずです。

~自分を悪く見せる質問には特に強気に!~

「心配性な方だ」などの自分を悪く見せるような表現の質問に対しては、特に強気に答えるようにしていってください。
そういう質問では弱気に答えてもいいことはまずありません。
どうしてもいいえと答えないと矛盾が生じしてしまいそうということでもない限り、SPIの性格テストのそういう質問には、強気に答えていってください。

SPIの性格テストポイント3,時間がなくても焦らない

SPIの性格テストでは、時間がなくなりがちです。
ですが、時間が無くなってきたからと焦って回答して行くと、矛盾が生じたりするものです。
さらに、WEBテストやテストセンターでは最後にそうして焦って回答していったというデータものこってしまうので、印象が悪くなります。SPIの性格テストには、たとえ時間がなくなったとしても、回答しきれなくなったとしても、丁寧に回答するようにしていきましょう。

~10秒で一問ペースで答えると焦らない~

とはいえ、全部答えるに越したことはないので、基本的には最初からペースを意識して回答していくのが一番です。
だいたい一設問につき10秒程度で答えるようにしていけば、多少余裕をもって全て答えることが出来るようになるでしょう。
SPIの性格テストでは、そのあたりの一問一問に対する秒数というのも意識してみてください。

SPIにおける性格テストのポイントは矛盾に注意・強気な回答・焦らないこと!

以上、SPIの性格テストに答える際のポイントのご紹介でした。
これらのポイントを意識していけば、SPIの性格テストで落とされるということはまずなくなっていくでしょう。
能力検査だけではなく、このように性格テストにもしっかり気を使い、万全な状態にしていってください。