SPIの性格検査を突破するためのポイント | 新卒就活.com

2016/08/04更新

SPIの性格検査を突破するためのポイント

SPIでの性格に関する検査は、意外に重要なものだったりもします。
言語や非言語だけには限らず、こうした性格に関する検査も評価の対象であり、それが良くないとそのせいで落とされる可能性もあるのです。
ここではそうならないように、SPIでの性格に関する検査を突破するためのポイントを紹介します。

SPIの性格検査を突破するポイント1,企業が求める人材を知る

woman-918603_960_720
SPIでの性格の検査は、すべてのところで共通した正解というものはありません。
ですが、一つ一つの会社にはきちんと正解があるものです。
そんな正解とは、その会社が求める人物像です。
ゆえに、その会社がどんな人物を求めているのかを知り、自分がそういう人物であると自分自身に思い込ませ、そのうえで回答をしていけば、SPIでの性格に関する検査で良い評価を得ることが出来るのです。

●説明会やOB訪問に参加して積極的に情報収取しよう!

そういう情報は、今の時代調べればいくらでも出てくるでしょう。
企業が求める人物像というのは、自己PRなどでも役に立つものですし、この機会に時間をかけてじっくり調べていくべきです。
説明会やOB訪問などへの参加も積極的に行い、アナログもデジタルも上手く使って調べていってみてください。

SPIの性格検査を突破するポイント2,矛盾に注意!

そうして相手が求める人物像に自分を見せるようにSPIの性格に関する検査に回答して行く際、注意点もあります。
それが、回答の中で矛盾が生じないようにするということです。
これは演じて答えるところ以外でももちろん大切なことです。
矛盾が生じてしまうと、それだけで性格に難ありとされてしまうことがあります。それではSPIの性格の検査を突破できなくなってしまうでしょう。

●同じ設問が多いので注意!自分の回答を覚えておくこと

SPIの性格に関する検査では、実に多く同じようなことを聞いてくる設問があります。
何も考えずに答えたりしていたら、その似たような設問で全然違うことを答えてしまう可能性が出てくるのです。
ですからそうならないように、きちんと自分のした回答を覚えながら進めることが大切です。

SPIの性格検査を突破するポイント3,面接での対応に注意する

例えば自己PRでこの時とは全然違うようなことをアピールしてしまったり、明るい外交的な人物を演じたけど、面接ではそういう自分を見せることができずに内向的に過ごしてしまったりしていては、そのせいで結局矛盾が生じてしまいます。
SPIの性格に関する検査に答える際には、そこでの矛盾が生じないようにも注意が必要です。
相手が求める人物を演じる時には、実際の面接やエントリーシートや履歴書でも自分をそう見せていく必要があるのです。

●無理のない回答を心掛けること!

ですから、無理はしないように回答することが大切です。
企業が外交的な人物を求めていたとしても、どうしても面接でそういう人物を演じる自信がなければ、他の人物像を参考にした方が良いです。
PIの性格に関する検査では、無理はしないことです。相手が求める人物像は絶対に一つではありませんから、無理はせずとも上手くいくでしょう。

SPIでの性格検査では無理のない範囲で会社が求める人物像を演じるのがポイント

以上、SPIでの性格に関する検査を突破するためのポイントのご紹介でした。色々と難しいように感じたかもしれませんが、SPIの性格に関する検査では、ようは無理のない範囲で良い人物像を演じれば良いというだけです。そうできるように、事前にテストセンターなどで練習するのも良いですね。