SPIの性格診断は正直に答える?選考を通過するための5つの方法 | 新卒就活.com

2016/10/05更新

SPIの性格診断は正直に答える?選考を通過するための5つの方法

SPIの性格診断をクリアするためには、いくつかのポイントがあります。
それを知らずにバカ正直に回答していったのでは、それが原因で性格診断を落とされてしまう可能性があります。
そこでここではそうならないように、SPIの性格診断をクリアするためのポイントを紹介します。

SPIの性格診断突破法1,基本的に嘘をつかない

man-219928_960_720
SPIの性格診断では、基本には嘘をつかないようにするのが良いです。
無理して人格を演じて答えるというのも確かに有効ではありますが、どうしてもどこかでそれに違和感が生じてきて、結果自分を苦しめることとなってしまいます。
ですから、基本的には嘘はつかないでシンプルに回答していくというのが、SPIの性格診断をクリアするためのポイントだと言えるのです。

14種類のタイプが出題されるからボロが出る

SPIの性格診断というのは問題を小分けにしてみていくと、全部で14種類ものタイプの設問があるのです。
ですから、その14種類もあるとなるとボロも出やすいのです。ゆえに余計な疑似人格を形成するのは危険ということになるのです。
ましてや言語や非言語で集中力も疲弊している状態ですから、まずシンプルに答えた方が無難でしょう。

SPIの性格診断突破法2,ライスケールの問題に気を付ける

chair-1519653_960_720

SPIの性格診断の14種類の問題のうちには、ライスケールの問題があります。
ライスケールの問題とは、「私は今までに一度も○○したことがない」という設問等に、自分を良く見せようと偽らずに正直に答えることが出来るかどうかということをみる問題になります。
そこで自分を見せようとすると、特に評価が悪くなってしまいます。ですから勇気をもっては「いいえ」と正直に答えましょう。

「一度も」などの強い言葉には要注意!!

ではどういう設問がライスケールの問題で、SPIの性格診断の中で特に気をつけなければならない問題なのかと言いますと、「一度も~ない」や「絶対に○○しない」などの強い言葉が入っている設問が、ライスケールの問題であることが多いです。
正直に答えると明らかに評価が下がりそうな設問でも、そういう言葉が見られた場合は、勇気をだしましょう。

SPIの性格診断突破法3,偏りのない回答を心掛ける

pencil-1629888_960_720
基本的にはなるべく正直に答えて、ライスケールの問題にはさらに正直に答えるのがSPIの性格診断のポイントではありますが、偏りのない回答をするというのも一つのポイントになります。
回答がイエスに偏っていたりすると、あまり評価が高くなりにくいというところがあるのです。
ですから、全体的なバランスも多少考慮した方が良いでしょう。

正直に答えて回答結果がバランスよくなれば一番

もちろんSPIの性格診断で一番良いのは、正直に答えつつバランスが良くなることです。
ですが、そうならないこともあるでしょう。そういう時に上手くバランスをとるようにするのです。
そうしてバランスを良くすると無難な評価となり、評価が悪くなることがなくなりますから。性格診断では悪い評価を得ないことが何より重要です。

SPIの性格診断突破法4,自分に自信がない人は少し盛るのは愛嬌

geometry-1044090_960_720
自分の性格に自信がない、嫌いだという人もいるでしょう。どうせ、こんな偏屈で何のとりえもない私の性格を知ったら、余計嫌煙されると考えてしまう人は、「実は、こういう風になりたいんだ」という思いで答えるようにしてみましょう。また、「○○のような人になりたくて、今それに向けて努力をしているのであれば、Yesと回答しても良いです。

矛盾が生じないように綿密な対策が必要

しかし、性格診断は能力テストの次にあり、しかも200問近くの質問が用意されています。疲れたなかで、一貫性を持たせた回答をするのは、非常に難しいです。そのため、本来の自分と少し違う回答をする人は、綿密な対策が必要になってきます。

一貫性がなく矛盾をはらんだ回答は、虚偽の可能性が高いと判断されてしまうので、どのような回答に対して、どう答えるのか事前に考えておかなければならないのです。手間はかかりますが、ミスを最小限に防げます。絶対に選考を通過したい企業の際には、使用してもいいのではないでしょうか?

SPIの性格診断突破法5,企業が求める人物像を確認しておく

magnifying-glass-626174_960_720

企業の採用ページには、どのような人物を求めているのか書かれています。この求める人物から外れてしまうと、今回は縁がなかったということになってしまうのです。
少しでも、選考通過率を上げたいのであれば、求める人物に近い回答をしなければなりません。

職種によっても良し悪しの回答がある

職種ごとに、適切な人物というのは異なってきます。そのため、その職種に順応した心身の持ち主かも重要な判断材料になるのです。

営業職を希望している場合は、社交的で明るい方が求められます。それにもかかわらず、人見知りで、自分から行動に移せない人では、残念ながら望みは薄いです。

このように職種から見ても良し悪しの回答があるので、職種が決まっている場合は、それにマッチした回答を心がける必要はあるのです。

SPIの性格診断をクリアするためには正直に答えてバランスが良くなるのが一番!

tablet-1250410_960_720
以上、SPIの性格診断をクリアするためのポイントのご紹介でした。
こういうポイントを意識して答えていけば、SPIの性格診断で悪い結果になることがなくなるでしょう。
良い評価を得ようとするのではなく、悪い評価を避けるようにすれば大丈夫です。ぜひ参考にしてみてください。

SPIの性格診断は、本来は書類や面接で見えてこない部分を見るのが目的でした。しかし、どのように回答すると、プラスやマイナスになると言われてしまっているため、正直に答えている人が馬鹿を見る確率も高くなってきています。
正直に答えるか、多少盛るのか、判断が迫られているともいえるのが現状です。