SPIの暗号問題を解くためのコツ | 新卒就活.com

2016/08/04更新

SPIの暗号問題を解くためのコツ

SPIには暗号の問題が出題されますが、この暗号問題が意外に難しものです。
SPIではここに特につまづくという方も少なくはありません。
そこでここでは、そんな風にSPIの暗号でつまづいてしまうという方のために、SPIの暗号を解くためのコツを紹介します。

SPIの暗号問題を解くコツ1,暗号の意味をメモする

stonehenge-101801_640
SPIの暗号を解くためにすべきことは、意味の分かる暗号の意味をどんどんメモしていくということです。
人は、頭の中だけでどんどん思考を進めていくのが苦手なものです。
元来理数系でそういうことに慣れているという方ならまだしも、そうでない方は頭だけで考えると混乱してしまい、一度わかった意味も、また分からなくなってしまうものです。
だからこそ、意味が分かった暗号は一つづつ意味を書いていく必要があるのです。

●意味を可視化すると頭が整理される!

そうして意味を可視化すると、頭がきちんと整理された状態で次の暗号を解読に行けるので、スムーズに問題を解けるようになります。
また一度わかった暗号の意味を解きに行くという時間のロスもなくなりますから、一石二鳥でもあります。
そういうこともあるので、SPIの暗号を解くためのコツとして、意味の分かるものの意味を書きだしていくということが言えるのです。

SPIの暗号問題を解くコツ2,仮説でも書く

また、そうして意味を書いていくというのは、何も完全にわかった意味でなくても良いのです。
たとえ仮説でも良いので、意味のイメージができたモノについてはどんどん意味を書いていくようにしましょう。
それもSPIの暗号を解くためのコツとして言えることです。
仮説でもいいのでどんどん書いていくと、その仮説を証明するという目線で暗号を見られるようになるので、暗号を解くのが楽になります。

●仮説がヒントになり解きやすくなる!

つまりその仮説が、SPIの暗号を解くためのヒントとなっていってくれるのです。
たとえ違っていたとしても、その仮説が違っているというヒントは得ることができますよね。
ですから頭は整理されて、次の仮説を立てやすくなります。
ヒントなしではやはり暗号の問題を解いていくのは難しいですから、仮説でもいいのでどんどんたてて、ヒントを出していきましょう。

SPIの暗号問題を解くコツ3,選択肢から消去法で法則を探す

どうしてもSPIの暗号が解けない場合、選択肢をみて、これは違うだろうと思うところを消していき、消去法で逆説的に法則を探していくというのもアリです。
それもまた、SPIの暗号の解き方のコツとして言えるでしょう。
つまり消去法で残ったところが、先で上げたような仮説の代わりになるのです。

●焦らず消していくのが一番!冷静に選択肢を消していき仮説を立てること

仮説があれば、それを証明するために暗号を見ていくことが出来るので、より答えに近づきやすくなります。
どうしても仮説すら立てられないという時には、焦らずそうしていくのが良いです。
焦って見ていっても暗号は決して解けません。
冷静に、ひとつづつ選択肢を消して、残った選択肢をもとに仮説を立てていく方が、よほどスピーディーに解けるでしょう。そのこともしっかりと覚えておいてください。

SPIの暗号問題を解くコツは仮説を証明するという目線を持つこと!

以上、意外につまづくSPIの暗号を解くためのコツのご紹介でした。
こうしてしっかりと道しるべを作ってあげれば、SPIの暗号の問題もたいしたことないと思えるようになるはずです。
しっかりこれらのコツを身に着けるために、練習問題などで練習していってください。