SPIの結果連絡が来るまでの期間と対応方法 | 新卒就活.com

2016/09/05更新

SPIの結果連絡が来るまでの期間と対応方法

SPIの結果連絡が来るまでの期間と対応方法についてご紹介します。
入社試験の一貫として、選考の最初の段階で設けられています。
SPI試験の次にはだいたい面接が待ち構えています。
SPIの結果連絡をただ待っているのは、時間が貴重な就活生にとって勿体ない話ですよね。

SPIの結果連絡は1週間から10日が平均

hourglass-620397_640
SPIの結果の連絡が来るまでの平均的な期間は、1週間から10日となっています。
単純なSPIの結果自体はすぐに相手方にわたるようになっているようですが、SPIの結果を見ながらの選考があるでしょうから、だいたい平均してそのくらいの期間がかかるのが一般的となっています。

●連絡が来るまでの期間は結果を見ながらの選考が進められている

ですからSPIに手ごたえがあれば、次の面接に向けてその期間にしっかり準備しておく必要があるでしょう。
面接では面接までの時間をどのように過ごし、どのように準備してきたかが大切ですから、しっかり準備して、この期間すらも無駄にしないようにしていきましょう。

早いところは数日でSPIの結果連絡来る!

平均すると1週間から10日程度ですが、早いところでは2・3日で連絡がくるということもあります。
SPIの結果自体は即日にダウンロードできたりするものなので、選考が早ければそれくらい、最短で翌日に来るようなところもあるのです。
すると全体的な選考の流れも早くなることでしょう。

●SPIを受ける前に充分な面接の準備をしておくこと!

ですから理想としては、SPIを受ける前に準備万端と言えるくらいに面接の準備をしておくべきでしょう。
1週間から10日できっちり準備しようと油断しているとそういうこともあるのですから、あくまでもすぐに結果の連絡がくるつもりで準備しておくのが一番に決まっています。

SPIの結果連絡が2週間待ってもこない場合は連絡するべし!

もし2週間まってもSPIの結果の連絡がこないというのであれば、こちらから問い合わせるようにしてみましょう。
SPIによる選考の結果落とされた人に対しては連絡しないという企業もありますが、それでも万が一の連絡ミスということもありますから、連絡するにこしたことはありません。それで通過となったら儲けものですし、気持ち的にもはっきりさせないとすっきりしないでしょう。

●サイレントの場合でも万一のミスを考えても連絡すること!

気持ちがはっきりしないとその他の就職活動に影響を与えていくことは明白です。
ですからきちんと問い合わせをして結果をはっきりさせ、すっきりした気持ちで進めていくのが一番なのです。

SPIの結果連絡は1週間から10日程度が一般的!2週間も音沙汰ない場合は企業に連絡を!

以上、SPIの結果連絡が来るまでの期間とその後の対応方法でした。
これらのことを参考にして、SPI前後の時間をうまく使うようにしていってください。

SPIの対策に時間をかけていくということはもちろん大切なことですが、SPI自体の難易度はそこまで高くないですし、そうして時間をかけすぎるとその後がうまくいかなくなります。
SPI後の時間はもちろんのこと、SPI前の時間もうまく使うことが大切なのです。
自分の実力をある程度高めることができたら、そこからは最短での連絡にそなえ、きちんとその後の準備をすることがオススメです。