SPIの解き方で知っておくべきポイント | 新卒就活.com

2016/09/15更新

SPIの解き方で知っておくべきポイント

SPIにはいくつか解き方のコツがあります。
そのコツを知っているのと知らないのでは、通過率も変わってくるというものです。
就職活動において避けては通れないのがSPI試験です。
確実にSPIを突破していくためにも、以下でSPIの解き方のコツを学んでいきましょう。

SPIの解き方1,出来る問題から解く

keyboard-361515_640
まず最初のSPIの解き方のコツは、出来る問題から解くようにするということです。SPIはなにも満点をとらないといけないということはありません。
ですから、いつまでもわからない問題に時間をかけて、他のわかる問題までも落としてしまうよりも、わかる問題で確実に得点を稼いだ方が良いに決まっているのです。

~確実に解ける問題は決して落とさないこと!~

SPIの問題は難易度はそこまで高くありませんから、たまたまその問題が解けないというだけで、先へ進めばわかるような問題がたくさんあるということも多いのです。
それならば先へ進んで確実にわかる問題だけでも落とさないようにした方が良いに決まっていますよね。
こうした解き方をするのとしないのでは、間違いなく大きく点数が違ってくることでしょう。

SPIの解き方2,選択肢から答えを絞る

SPIは選択式のテストです。
ですからわざわざ完全な答えを求めないままでも解答できるような問題もたくさんあるのです。
それなのにいちいち全部計算していたり、いちいち完璧な答えをもとめてから選択肢と照らし合わせていたのでは時間を無駄にしてしまいますよね。

~SPIは時間との戦い!選択肢から答えを絞りある程度の計算で解答しよう!~

SPIのような筆記試験は時間との闘いというところがあるので、いかに時間を無駄にしない解き方が出来るかということが大切なこととなるのです。
具体的には、先に選択肢を見て、そこから答えを求めるようにして、ある程度まで計算して選択肢がしぼれたらそれを解答するようにしていくという解き方が挙げられます。
そうしてスピードを格段に早めると、あとあと分からないような問題に時間をかけることができるでしょう。

SPIの解き方3,問題文をしっかり読む

SPIではどうしても焦ってしまい、問題文をきちんと読まずにどんどん問題を解いていこうとしてしまうものです。
そうすると逆に簡単な問題もよくわからなくなり、SPIの点数は低くなっていくことでしょう。
そうならないようにするために、問題文はよく読むようにしてください。

~問題文を読めば分かるレベル!時間を気にしすぎるのも注意~

SPIレベルの問題では、問題文を良く読めばそれだけで解けるような問題も多いです。
やっかいなひっかけ問題もあまりないですし、しっかり問題文を良くよみ、そこの情報をまとめるというような解き方をしていけば、きっと解けないような問題はかなり少なくなっていくはずです。
時間を気にして問題文を流すのではなく、きちんと情報を仕入れながら選択肢を見ていくという解き方をしていきましょう。

SPIは時間を無駄にしない解き方が重要!完璧な回答を求めないこと!

以上、SPIの解き方のコツのご紹介でした。

●出来る問題から解く
●選択肢から答えを絞る
●問題文はきちんと読む

こうした解き方のコツを身につければ、SPIはまったくおそれるようなものではなくなります。
しっかり身体に覚えさせて、SPIを突破していってください。こんなところで引っ掛かってしまうのは勿体ないですから。