SPIの適性テストについて知っておくべきこと | 新卒就活.com

2016/08/04更新

SPIの適性テストについて知っておくべきこと

SPIの適性テストについて知っておくべきことをご紹介します。
SPI適性テストという言葉を聞くと思いますが、これはどんなものかご存知でしょうか。
ざっくりいうと適性をチェックするテストのようなものです。その結果から企業が応募者が自社にふさわしい人材であるかどうか判断します。

SPIの適性テストとは??

laptop-819285_640
適性のテストのSPIとはよく耳にする言葉だと思いますが、いったいどんな検査なのでしょうか。
これは、「Synthetic Personality Inventory」の頭文字をとったものです。
日本語にわかりやすく訳してみましょう。「 Synthetic」は(総合的な)、「Personality」は(個性・性格)、「Inventory」は(評価)という意味ですから、「総合的に個性や性格を評価するテスト」とでも訳すとよいかもしれませんね。

~SPIの適性テストは応募者の性格と能力を測定するツール~

このSPIという検査は、リクルートマネージメントソリューションズが提供しているものです。
就活生と応募先の企業との適性を知るための検査です。
一般的に、「性格」と「能力」の測定が可能だといわれています。

SPIの適性のテストとはどんなものなのか?

さて、このSPIというテストは、性格や能力などの適性を知るためのテストだとわかりました。
ですから、一般的にSPIとは適性などを知るために、企業側が就職活動をしている受験者に対して行うテストで、自分の会社で働いてもらった場合に大丈夫なのかどうか、ちゃんと能力や適性があるのかということを知るためにおこなうものですね。

~自社で働ける人材なのかを判断するツール~

具体的にどんな検査かというと、適性や性格などを知るためのテストと、国語や数学のような能力を知るためのテストをドッキングさせたようなものというとわかりやすいでしょうか。
受験したことがある方はご存知かと思いますが、100~250問くらいの適性テスト、そして能力テストで問題数が多いのが特徴です。
特に能力テストの方は時間内に終わらなかった……といった失敗談などがよく聞かれますよね。
SPIは時間配分に気をつけた対策が必要となります。

SPIの適性のテスト攻略方法とは?

さて、SPIとは性格や能力などの適性を知るためのものだと上記でのべましたが、具体的にこのSPIの適性テストや能力テストの対策はどのようにしていけばよいのでしょうか。
何も対策なしではちょっと不安ですよね。
まず適性テストのほうは、直感で「はい」「いいえ」で答えていくのですが、絶対にウソはつかないようにしたいものです。

~素直に回答するのが一番!~

このテストではあなたという人物がどんな人物なのかがクリアになります。
変に格好をつけて答えてしまった場合、その結果が回答の矛盾を生み出してしまうかもしれません。
あなたがその会社に本当に適性があるのか知ってもらうためにも、正直に答えるのがベストです。
また、能力テストのほうでは、書店などで問題集がたくさん売っていますので自分に合ったものを選び繰り返し問題をとくなどして時間内にとけるように練習をしておくとよいでしょう。

SPIの適性テストは矛盾が生じないためにも素直に回答すること!

以上、SPIの適性テストについて知っておくべきことをご紹介しました。
今回は、適性のテストのSPIについてみていきましたが、いかがでしたでしょうか。
SPIとは性格や能力などの適性を知るためのものです。その中でも適性テストは、受検者と企業との適性をしる非常に重要な試験です。
ぜひ侮らずに、真摯な姿勢で受検をしましょう。