SPIの長文読解で尻込みしないために完璧に攻略するための方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

SPIの長文読解で尻込みしないために完璧に攻略するための方法

SPIの長文読解の問題は、言語問題の中でもとてもやっかいな問題です。
ゆえにこの長文読解の問題を苦手に思っているという方も少なくはないのではないでしょうか。
そこでここでは、SPIの長文読解問題を克服するためのコツを紹介していきたいと思います。

SPIの長文読解の解き方1,先に問題と選択肢を見る

book-933088_640

SPIの長文読解の問題でやっかいなのは、何回も本文を読まないとならなくなり時間がなくなってしまうということです。
それを避けるためには、先に問題と選択肢を見るようにして、それを意識しながら本文をお勧めします。
そうすることにより、どこをよめばよいかを理解しながら読めるので、内容が頭に入りやすくなり、何度も読む必要がなくなりやすいのです。

●先に選択肢を見ておくことでひっかけ問題にも騙されない!

そういう読み方をしてSPIの長文読解問題をよんでいくことで、ひっかけにも引っ掛かりにくくなるということがあります。
どうしても先に本文を読んでから問題を読むと、記憶を頼りに解いていこうとしてしまいます。
するとひっかけにも引っ掛かりやすくなるのです。
しかし、先に選択肢をみることで、それを防げるようになるのです。

SPIの長文読解の解き方2,音読をして読む

また、SPIの長文読解問題では、音読をするということもとても重要です。
音読をして読むようにすると、きちんと意味を理解しながら文の流れを理解できるようになります。
理解度が上がるうえに、声に出すことで読み間違い等がなくなるので、よりスピーディーに読めるようになるのです。
するとより楽にSPIの長文読解の問題を解いていけるようになるでしょう。

●小さい声で読むよう心掛ける必要がある!

ただし当たり前ですが、読む声は小さい声で読む必要があります。
ほとんど自分にしか聞こえないような声で読まないと、テストセンター等でマナーが悪いです。
ですから、基本的には小さい声で読むようにするということも忘れないようにしてください。家でそうして読む癖をつけると良いでしょう。

SPIの長文読解の解き方3,文章に慣れる

やっかいとはいってもそれはSPIの中での話ですから、SPI長文読解の問題のレベル自体はそこまで高いものではありません。
ですから、長文を読むことになれ、文章の理解をするレベルが上がれば、決してやっかいなものではないのです。
ゆえに、SPIの長文読解の問題のコツとして、長文を普段から読むようにするということも言えます。

●普段から長文を読む癖をつけることで文章を理解する能力が上がる!

それも、ネットなどの文章ではなく、きちんとした文字を読むことに慣れる必要があるでしょう。
つまり、本を読むことが必要です。
就活関連の本を読むと、SPIの長文読解の練習にもなりますし、就活のコツも身に付きますし、一石二鳥です。
面接対策の本など、色々と読む癖をつけてみてください。それを続けることでグッとレベルが上がるでしょう。

SPIの長文読解の解き方で重要なのは先に選択肢を見てから本文を読むこと!

以上、SPIの長文読解問題を克服するためのコツのご紹介でした。
こうしたコツを身に着けておけば、SPIの長文読解に対しても確実に苦手意識はなくなっていきます。
ぜひこれらのコツを身に着けていってください。何度も言いますが、決して特別難しいものではありませんから。