SPIを突破するための練習方法とは | 新卒就活.com

2016/09/01更新

SPIを突破するための練習方法とは

SPI試験を突破するための練習方法についてご紹介します。
SPI試験は就職活動する上で誰しもがぶつかる壁だと思います。
SPI試験を突破しなくてはその先の選考には進めません。
そんなSPI試験を突破するための練習とは一体どういった方法があるのかここで見ていきましょう。

SPIの基礎知識について

children-286239_640
就活生がリクルート活動の途中で経験するのが、「SPI練習」だと思います。SPIはたくさんの応募者から優れた人材を企業側が見極めるためのもの。
合格のボーダーラインを越えることができなかった学生さんは、この時点で残念ながらアウトの扱いになってしまいます。

●SPIは企業が学生の基礎学力や性格を知るためのツール

SPIのテストは「能力を見極めるためのもの」「性格を見極めるためもの」。大きく分けて2タイプから構成されています。
今では試験会場などにパソコンが置かれていて、全国一斉にテストを開催するところも増えてきました。
企業側は集計がしやすく、学生のレベルを判定することができるので、多くの企業ではこのSPIを採用しています。
いくら学歴に自信があってもSPIの結果に不備があっては、面接やグループディスカッションなど、次のステージに進むことは出来ません。
就活の基本と思い、慎重にSPIの練習をおこないましょう。

SPIの練習方法1,スキマ時間を有効活用する!

「SPI練習?何だか面倒くさいや、時間も無いし。」そう思ってSPI練習を諦めていませんか?
企業の登竜門とも言われているSPI対策をしっかり行っていくことは、内定率をアップさせるための秘策になります。
またSPIは出題される問題や内容が、毎年だいたい似ているため、対策をおこないやすい…というメリットがあります。

●積み重ねが大事!1日に30分から対策を始めよう!!

つまり「練習はやった方が高得点が望める」もの。
最近では1日に30分からでも取り組むことができる、アプリタイプの練習問題があらわれています。
大学への通学時間、電車での移動中、昼休みにサクッと…。忙しいスキマ時間を効率的に使うことによって、サクサク受験対策を進めることができます。
毎日コツコツと積み重ねていくうちに、問題の傾向も見えてきますよ。

SPIの練習方法2,出題傾向を把握すること!

またSPI練習をおこなうにあたり、大切なことは「出題内容や傾向は企業によっても大きな違いがあるということ」です。
企業研究をしっかりと行い、どのような問題が出されていたのか、目を通しておくことは大切です。

●企業研究や先輩からのアドバイスを参考に出題傾向を探ること!

また憧れ企業の内定をゲットしたい場合は、OB訪問やOG訪問を行っておき、先輩がどのようなSPI練習を具体的に行っていたのか、アドバイスをもらうことも重要になります。
また対策というとレベルが高いように感じますが、SPIに出てくる問題の多くが「中学卒業程度のレベル」であることも見逃せないポイントです。
焦ってイライラすると、簡単な問題でもケアレスミスを発生させてしまう事があります。
緊張するといつもの力が発揮できないタイプの人は、人ごみの中でテキストを解く練習を繰り返しおこなっておくと、冷静にテキストを解く力を身につけることができます。

SPIの練習はスキマ時間を有効活用!地道な積み重ねが成功のカギ!!

SPI練習はコツをつかめば、難易度はそれほど高くないため、すんなりクリアできるものと思います。
独特な言い回しに慣れるためにも、SPI練習は僅かな時間をコツコツつかって、早めに取り組んでおくことが大切です。
問題の内容は企業によっても大きく変わってくるため、過去の設問などにも触れておくことが大切です。

いざ就活への準備をはじめようとすると、気持ちばかりが焦り、何から手を付けてよいやら、わからないこともあります。
不安になったときには、一度立ち止まって大きく深呼吸を。自分の力を信じてあげることによって、内定への道はぐっと近づいてくると思います。
最後まで諦めずに、小さな努力を積み重ねていってください。