SPI対策として問題解決に必要な3つのポイント | 新卒就活.com

2016/08/30更新

SPI対策として問題解決に必要な3つのポイント

SPI対策で問題解決に必要な3つのポイントをお教えします。
SPI対策で問題解決に必要な3つのポイントを知っていれば就職活動をスムーズに進める事が出来ます。
どうしても志望企業に内定したい方はSPI対策で問題解決に必要な3つのポイントをチェックして、本番に臨みましょう。就活生は要チェックのページです。

SPIの言語問題対策とは?

arch-602127_1280
SPIの問題対策で言語問題の対策については、いかに言葉を知っているかということと、文章を読み解く能力があるかということが重要となってきます。言葉を知っているというのは、SPIでは語彙が非常に重要となってきますし、二語の関係や同意語・反意後といった言葉の意味を答えるような問題が非常に多く出題されます。

~日頃から文章問題対策のために本を読むのが大事!!~

そのため語彙を知っているかどうかで問題が解けるかどうかが大きく変わってくることになるわけです。これは語彙を覚えれば済みますのでそれほど難しくはありませんが、問題は文章を読み解く能力のほうです。
これは長文を読んでその問いに答える問題や空欄を埋める問題などを解く場合に必要な能力となりますし、文章を正確に読み解けなければまず文章題は解く事が出来ませんので、日頃から文章問題に対する対策のために本を読むなどを行なっておくと、自然と文章を読み解く力がついて来るといえます。

SPIの非言語対策の方法とは?

SPI問題対策で非言語問題の対策法は、如何にすばやくその問題を理解して答えを導き出すことが出来るかがカギとなります。
というのも非言語問題の場合、短い時間でどんどん解いていく問題が多く、一つの問題にかけられる時間が15秒程度と非常に短くなっています。そのため問題を見た瞬間にその問題の意味を理解できる理解力と読解力が必要不可欠となります。

~SPI非言語問題に対する対策は見た瞬間インターンシップ解けるようにすること~

ゆっくり時間をかければ解ける問題でも、時間が短いと思うと答えを間違えたり全く解けなかったりといったミスも出てきますので、非言語問題対策については見た瞬間に問題を理解できるような下準備が必要となります。
そのため事前にSPI非言語の問題集を色々試しておく必要があるといえます。基本的に問題の出題傾向がきまっている場合が多いため、問題集での対策が非言語に関してはもっとも有効な手段だといえます。

SPIの英語問題の対策とは?

SPI問題対策で英語問題の対策については、基本的には言語問題と同じく文章を読み解く力と単語をどれだけ知っているかが重要となってきます。単語の対策に関しては基本的には暗記するのが最も効果的ですし、単語の暗記はそのまま文章を読み解くことにも繋がっていきますので非常に重要だといえます。

~英語の場合は日本語とは異なる文章のパターンで問題が出る!!日頃から英語の文章を読む習慣をつけよう~

英語の場合も同意語や反意語、空欄補充や文章を読んでからの問題への解答などがありますし、英語を日本語に翻訳する和文英訳などもありますので、英語を説くためには日本語もしっかりとわかっていないといけないということになります。

そのため言語の学習と平行して英語の学習も行なう必要があるといえます。英語の場合、日本語とは異なる文章のパターンがありますので、それも理解しておかないと英語の言語問題は解けないと考えたほうが良いでしょう。

SPI対策として問題解決に必要な3つのポイントまとめ

SPI対策として問題解決に必要なポイントは日頃から問題を見たらすぐに解けるまで慣れる・英語の文章に慣れるの2点です。

SPI問題対策は言語も非言語も基礎が出来ていないとうまく解く事が出来ない問題が非常に多いといえます。

そのため日頃から基礎をしっかりと勉強していたかどうかが重要と鳴りますので、自分の言語力や読解力がどれくらいあるのかを把握しておく必要があるといえるでしょう。