SPI性格検査の目的と合格するためのコツ | 新卒就活.com

2016/08/04更新

SPI性格検査の目的と合格するためのコツ

SPI性格検査を実施する企業は現在では増加傾向にあります。
では、SPI性格検査とはどんな検査なのでしょうか。
その内容を理解することで、SPI性格検査をクリアしやすくなります。
ですからまずはSPI性格検査の特徴を以下でみていきましょう。

SPI性格検査を企業が行う目的

architecture-1052706_960_720
採用試験で行われるSPI性格検査は、約200問の質問があります。
そしてその回答によって、その人の性格や傾向などを確認することができます。
例えば「感情をコントロールできるのか」「人との接し方」など、SPI性格検査をすることで見えてくるのです。
では、なぜ企業はこの検査を行うのでしょうか。そのポイントを知ることで、性格検査をクリアしやすくなるのです。

●就活生の性格などから会社にマッチする人材がどうかを判断する!

就活でのSPI性格検査では、全て正直に答えなければなりません。
これは基本ですが、もしかすると素直に答えすぎてクリアできなくなる可能性もあります。
実は性格検査では、企業の好む性格がある、つまり企業が好む質問への回答があるのです。
まずはそれを理解しておきましょう。

SPI性格検査を突破するためのコツ1,前向きな気持ちで答える

SPI性格検査は、一側面の面接試験だと思っても良いと思います。
面接試験のときに、自分にマイナスとなることは伝えないですよね。
SPI性格検査も同じで、質問にはできるだけ前向きな気持ちで答えることがまず大切です。

●ポジティブな回答を心掛けると吉!

意欲のないネガティブ思考の人を企業は求めていないでしょう。SPI性格検査ではそういった側面が表れてきますので、ポジティブな回答を心がけるのが良いのです。
ただし、行き過ぎは問題になります。
いわゆる嘘の回答では矛盾が生じてきますので、正直にでもその中でもポジティブな気持ちで受けてください。
その中でも、明らかに嘘をついてよく見せようとしていないか?ということを、確認できるような質問がでてきます。その点には注意が必要です。

SPI性格検査を突破するためのコツ2,企業の好む回答を知る

企業はSPI性格検査で、自分の社風に合っているのかどうかの確認もしています。
前向きでやる気のある人材を求めているのはもちろんですが、その会社または職種に合った人材なのかという点でも大きく左右します。

●徹底的な企業研究から求める人物像を把握する!

例えば、営業職の募集に対して、人と話すのが苦手であったり、外に出るのは嫌いであったりするのはマイナスとなるでしょう。
逆に、工場などでの精密作業の募集に関しては、落ち着きがない、こつこつした作業が苦手などではやはりマイナスです。
企業側が何を求めているのか、そのリサーチをしっかり確認しておくことです。
その上で、SPI性格検査に挑めば、企業の好む回答に近づくことができるでしょう。
大切なポイントは、企業が何を求めているのかということなのです。

SPI性格検査をクリアするためにはポジティブな回答と企業のニーズを把握することが大切!

SPI性格検査では、その人の性格や行動などの傾向をみることで、自社にふさわしい人材かどうかを確認しています。
前向きに答えることや、その企業の求めることなどをしっかり確認しておくことで、このSPI性格検査は突破できる可能性が高まることでしょう。