SPI性格適性検査の解き方とポイント | 新卒就活.com

2016/09/14更新

SPI性格適性検査の解き方とポイント

SPIを採用している企業ではだいたいSPI性格適性検査がありますね。
このSPI性格適性検査にも、ちょっとしたポイントがあります。
このポイントを知らずに適当に解答していっては、そこで落ちる可能性も出てくるでしょう。
そこでここでは、SPI性格適性検査の解き方のポイントを紹介します。

SPI性格適性検査の解き方1,企業のカラーに合わせる

tree-569503_640

SPI性格適性検査の解き方のポイントとしてまず最初に紹介するのが、その会社で好まれるような解答をしていこうということです。
会社によって、好む人のカラーというのは違ってくるものです。
寡黙で集中力の高い方をのぞむところもあれば、活発でにぎやかな人を好む会社もあります。挑戦的な意欲の高い人を好む会社もあれば、指示に従順なタイプを欲しがる会社もあります。

~求める人物像を想像しながら回答していくこと!~

そのように、その会社で好まれる解答というのはどんなものかを考えながら解答していくと、SPI性格適性検査でいい結果を出していくことができるようになるでしょう。
その会社がどういう人物を求めているかを知らべるために、社長のSNSなどをよんだり、積極的にOB訪問したりしていくと良いでしょう。

SPI性格適性検査の解き方2,強い言葉にはのらない

SPI性格適性検査の解き方のポイントとして、強い言葉には乗らないようにするということがあります。
強い言葉とはたとえば「嘘をついたことは一度もない」ですとか「必ず正しい行動をできているという自信がある」ですとかいったところにでてくるような、「一度も〜ない」「かならず」などの言葉になります。

~「一度も〜ない」「かならず」などの言葉には要注意!~

そんな人間はまずいません。この設問では、こうした質問をして、解答者がウソをつくかどうかということを見ているのです。
どの会社でもそういう人物をのぞむだろうとおもってSPI性格適性検査のこういう設問で虚偽の解答をしてしまうと、まんまと相手の意図にはまってしまうということになってしまうのです。それは悔しいですからそうならないように強い言葉には乗らないようにしてください。

SPI性格適性検査の解き方3,一定の速度で回答する

一定の速度で解答するということも、SPI性格適性検査では大切です。
一つ一つの解答に時間をかけて、最後の方の解答で一気に巻き返そうとしていくと、それはそういう時間のとり方の下手な人間だとして記録してされてしまうのです。
社会人としてはそれは良くないです。ペーパーとしてのSPI性格適性検査ならば問題ありませんが、WEBテストやテストセンターではそれもわかってしまうので、時間のとり方には要注意です。

~一定の速度で回答することにより精神の安定さをアピールする~

性格適性検査といいつつもそうして解答にかけた時間も見てくるのがSPI性格適性検査です。
ですから、一つ一つの質問に対しては、なるべく一定の速度で回答をするようにしていってください。
一定であれば、時間のとり方が適切であるというだけでなく、焦りがないので嘘偽りなく回答している感じも出ますよね。
だからこそ、一定の速度で答えるというのは大切なのです。

SPI性格適性検査の解き方で重要なのは自分のペースを保つこと

以上、SPI性格適性検査の解き方のポイントのご紹介でした。
焦らずに、一定の速度で回答していきましょう。
こうしてポイントを抑えて解答していけば、まずSPI性格適性検査で引っ掛かるということはなくなるでしょう。
学力でも志望動機などでも問題ないのに、性格検査で落とされるというのはなにより最悪です。
そうならないように参考にしていってください。